しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログです。主にはゲーム、ガジェットレビュー、ドライブ記録です。

Apple Watchに伸びるスポーツループバンドを付けてみた。Apple Watchバンド沼はそこそこ楽しい。

time 2022/08/15

またApple Watchのバンド買っちゃいました。今度は伸縮性のあるスポーツループバンドです。前回買ったバンド、結構お気に入りだったんですが、長さ調節の自由度が足りないのが気になったので、調整がフリーなタイプで、かつ伸縮性の高いバンドを買ってみました。概ね満足なんですが、また次のバンドが欲しくなっているという、沼状態です(苦笑)。

sponsored link

Apple Watchバンド沼

Apple Watchの魅力の一つはバンドをいろいろ交換できることです。Amazonなどのショッピングサイトを見ると、純正品、高級なブランド製のものから、怪しいサードパーティのものまで、とにかくいろんな製品が出ています。これをいろいろ試してみるのもApple Watchの楽しみ方の一つです。

直近は、細めのバンドを買って満足していました。

意外にバンドの太さって手首の自由度に影響があるもので、この細いバンドにして比較的満足していたのですが、一方で長さの自由度に制限があるのが気になってきました。

バンドの長さが、この留め具の穴の位置で決まるわけですが、1個違いで長かったり短かったりするんですよね。やっぱりスポーツループバンドのほうが長さ調整という点では便利なんです。ただ、スポーツループバンドはこれはこれで微妙に使い勝手が悪いんです。

何が良くないんだろう、と考えてみたんですが、このスポーツループバンド、素材がナイロン製ということで、伸縮性がほぼ無いんですよね。

そこで今回は、伸縮性のあるスポーツループバンドで、長さ調整が可能で、かつ留め具がベルクロではない金具のものを探して取り付けてみました。さすがはApple Watch、探せばどんなスペックのバンドも見つかるもので、所望の機能のものを見つけることができました。

Sunhel Watch バンド

メーカーとかもはや良く分かりませんが(苦笑)、とにかく機能面とレビューだけ見て購入しました。

Sunhelっていうブランドのスポーツバンド。編み込み素材で伸縮性があり、かつ固定部が金属製の金具になっていて長さ調整ができます。似たような製品だと、複数本セットになったものが目についたのですが、若干機能性に不安があったのでこちらにしています。

留め具は普通の時計のバンドみたいになっています。爪をひっかけて、パチっと蓋をすることで固定できるタイプです。

そして留め具の受ける側は、爪を起こすことで動かして位置を変更できます。これで長さも自由自在です。バンド本体にも伸縮性があるので、結構使い勝手は良さそうに感じます。

Apple Watchに取り付けるとこのような状態になります。ループバンドですので、充電するときはひっくり返さないといけないのが面倒なところです。

あと、留め具が金属製なので、本体に傷が付きそうなのが気になるところですね。作り自体は「価格相応」といった感じで、良くも悪くもないかなぁというところです。

付け心地は悪くないんだけど・・・

早速付けてみました。

期待通りの付け心地、使い勝手は悪くないです。悪くないんですが、なんていうか、違和感を感じます(苦笑)。

確かに伸縮性もあるので、付けていてフィットする感じもありますし、長さ調整も自由自在なので、好みの長さに設定できてる感じもあるんですが、イマイチしっくり来ない感じがあるんですよね。この感覚の正体が分かりませんが。

留め具の感じはまさに時計そのものです。パチっと気持ちよくはまって気持ち良いです。もちろんズレたり外れたりという懸念もありません。

うーん、違和感の正体が分かりませんが、気になる点としてはこの太さ・厚さですかね。編み込みの伸縮素材ということで、素材自体の厚みが結構あります。これが違和感の原因かもしれません。

伸縮性があるので、多少きつめに締めることも可能なので、締め付けのバランスもいろいろ試してみたのですが、何が正解か分からずモヤッとしています。

ただ、機能的にはとても良く出来ているので、この素材感が気にならなければ気持ちよく使えるのかもしれません。ホント、肌身に付けるものって、実際身につけてみないと良し悪しは分からんもんだなぁと改めて思いました。

バンド沼は続く

ホント、バンド沼は奥が深いです。ただ、今回は黒いバンドが欲しかったのでとりあえず満足です。しばらく使ってみようかなぁとは思っています。思っていますが、やっぱり現状、しっくり来ていないのは事実なので、なんか相性はあるらしい。こういうフィッティングの問題って難しいもんだな、と改めて思ったのでした。

そして当然ながら、バンド沼は続きます。またAmazonを見ていたら気になるバンドを見つけてしまったので、試してみようかと画策中です。高いバンドに手を出さなければ、マジ、バンド沼は楽しいもんですね。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

sponsored link

アーカイブ