しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログです。主にはゲーム、ガジェットレビュー、ドライブ記録です。

Amazonで「スタイリッシュエアロプロテクター」を買って取り付けてみた

time 2018/06/10

Amazonでエアロスタビライジングフィンを検索すると必ず出てくる「スタイリッシュエアロプロテクター」。買って取り付けてみました。若干微妙な仕上がりです・・・。

sponsored link

気になる「スタイリッシュエアロプロテクター」

今回のお題はこちら、「スタイリッシュエアロプロテクター」です。

Amazonでエアロスタビライジングフィンを検索すると必ず出てくるこのシリーズ。以前から気にはなっていたんですが購入には至っておりませんでした。なんか妙に送料が高いし、ぶっちゃけ星光産業のエアロフィンプロテクターがすこぶる品質良いのでこっちで十分じゃん、って思ってたんです。

ただ、気になる。そろそろエアロスタビライジングフィン関連もネタ切れ感があり、ちょっと形状・サイズが違うもので新たな可能性を模索したいところでもある。こいつ、やっぱり気になる・・・

という訳で、買ってみましたよ。

PUDO初体験

どうでもいい話ですが、このスタイリッシュエアロプロテクター、佐川で発送になったんですが、当然ウィークデーなんて仕事で受け取ることができないわけです。いつもの通り、再配達か営業所止めにしようと思ったんですが、今回はPUDOが使えたので試してみました。

PUDOとはいわゆる宅配ボックスで、最近はあちこちのスーパーなどに設置されていて、ここに配達先を変更することで24時間いつでも受け取れるという素敵サービス。対応する宅配業者も増えてますます便利になっているようです。

近所のスーパーのPUDOを指定して、荷物収納連絡を待ち(※その間に1回不在配達されてしまったあたり、まだまだ改善の余地はありそう)、無事、深夜に受け取りに行くことができました。入る荷物のサイズなど条件があるのが難しいところですが、超便利なので今後とも活用したいです。

スタイリッシュエアロプロテクター

はい、という訳で届きました。っていうか取りに行きました。

パッケージは至って普通というか、このまま店頭売りしてても不思議は無い感じですね。

どうやら台湾製らしい。いろいろ英語で書いてありますがよく分かりません。まぁ困らないでしょう。

バラしてみました。長さが短いのであちこち付けられそうです。素材はプラスチックで柔軟性は無いので、取り付けできるところは平らなところに限られます。

基本的なデザインとか質感は悪くないんですが・・・やはり難点がありました。まずバリ。先端側にバリが残っているものが結構あります。カッターで削ってあげる必要があります。プラスチック自体が結構硬いので、なかなか気を使います。

そして何より問題なのがこの両面テープ。これはAmazonのレビューでもありましたが、この両面テープはひどいです。粘着力が弱いとかではありません。むしろ粘着力は問題無いです(おそらく「すぐ取れた」系は脱脂不十分とかが多いと想定)。

まず剥離シートがはがれにくい。爪立てて引っ張らないと剥がれません。なかなかにしぶとい。そして問題は素材。ふかふかのスポンジ素材なので、テープそのものの強度に不安があります。粘着力の問題ではなく、このテープ自体の強度が原因で取れてしまう可能性が高いです。もっとしっかりした素材の両面テープを使って欲しい。

おそらくこれ両面テープを張り替えて使っている方も多いと思いますが、写真をよく見ると実は底面がフラットではなく、この両面テープがはられている部分がちょっと凹んだ形状なのが分かると思います。つまり、この内側に両面テープを貼るってことなんです。そんなの無視して両面テープを型どって貼ってしまっても問題は無いのですが、ちょっと気になります。

という訳で、やはりAmazonレビューの評価のとおり、これこの両面テープが鬼門なので、気になる方は頑張って張り替えましょう。私はとりあえずそのまま使いました(苦笑)。あとで張り替えようかどうかは考え中。

付けてみた

それでは付けてみた結果です。

まずはAピラー部。実はプリウスをよく見たらフィンが結構上の方に付いていたので、追加したいなぁと思ってたんですよね。という訳で、ここに追加してみました。長さが短いのでこのような部分に取り付けられるのが良いですね。

効果はよく分かりません。ここよりドアミラーの内側なんとかしたほうが効果ありそうだな、と最近目論見中。ちなみに、このスタイリッシュエアロプロテクターのパッケージ写真でも、Amazonのイメージでも、ドアミラーの先端部に貼り付けるのが例として乗っていますが、少なくともXVハイブリッドはここが平坦ではないため取り付け困難でした。

ドアバイザーの根本部分。ドアバイザーの巻き込みによるゴー音の抑止に。実はこの辺に対策すると確実にドアバイザー周り静かになるんですよね。以前からスポンジ貼り付けて段差を作って効果を確認していたんですが、今回スタイリッシュエアロプロテクターを本格導入って感じです。

ドアバイザーまわりがボーボー言うのがシューって音に変わります。これ原理的には静音計画のアレより効果あるのではないかと勝手に思っています。

タイヤハウス前に付けてみました。これはフロントです。

これがリア。付けているポイントは、タイヤ上端の高さの辺りの前側です。XVハイブリッドはタイヤハウス上部のクリアランスが大きく、ここから空気を巻き込む形になるため、その前にフィンを立てて「何か」良くなってくれるかな、と期待です(苦笑)。もうちょっとなんか考えたいんですが、とりあえずは最近こだわっているタイヤハウス周りの対策という感じですね。

なお、これを取り付けて洗車機を通しましたが、取れませんでした。両面テープの素材が柔らかいスポンジなので、指で押すと思ったより動くのが気になるところですが、普通に走ってる限りは取れることは無さそう。でも無理な力がかかるとポロッといきそうです。星光産業のエアロフィンプロテクターはそんなことないんですがね。ちょっと不安の残る仕上がりではあります。

空力効果よりスタイルか

既に多数エアロスタビライジングフィンを取り付けているので、これ単体で効果がどうってことはあまり無いと思いますが、ふと「あれ、この車、こんなに静かだったっけ?」って思うことは正直あります。まぁドレスアップとしては「なんか付いてる」感があって良いかなと。

値段はやっぱり送料が高くて総額で見ると若干コスパ低いのが気になるところ。モノとしては決して悪くないのですが、両面テープの素材だけは要注意です。

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.



sponsored link

アーカイブ