しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログです。主にはゲーム、ガジェットレビュー、ドライブ記録です。

しらかば2in1スキー場の旅。シーズン終盤なんだけど快適なゲレンデに感謝。

time 2018/03/17

再びしらかば2in1スキー場に滑りに行きました。この時期なのでコンディションはすっかり春なんですが、ゲレンデがよくメンテされてて非常に快適なスキーでした。

sponsored link

しらかば2in1スキー場再び

2018年3月17日。3月も中旬、すっかり暖かくなってしまいスキーシーズンも終了間近。そんな中、どこに滑りに行こうかと考えたのですが、おそらく最後の蓼科方面ということで、しらかば2in1スキー場に行くことにしました。このスキー場、今シーズン久々に訪れてすごく好印象だったので復習です。

やっぱりキャリアレスは快適だ

っていうか先月から始めた「キャリアレススキー」もすっかり板に付いてきて、もうキャリア積んでスキー行けないんじゃないかってくらいの感じになってきました。とにかく運転が楽なんですよ。速いし。中央道方面は実は今回初だったんですが、やっぱり快適でした。

出発は4:50頃。流石に土曜日なので早起きが辛いです。ちょっと遅めの出発で中央道へ向かいました。道中天候も良くてすこぶる快調。この時期なのでスキー場へ向かう人も少ないかな、と思っていたのですが、むしろ暖かくなって春スキーに向かう人達が居るのでそれなりに混んでました。

初狩PAで小休止。そして朝食はいつもどおり双葉SAのフードコート。今回は中華丼にしてみました。限界わかめスープが今回も健在です。やっぱり朝はご飯をお腹に入れると落ち着きます。

富士山も綺麗に見えてました。流石にもう3月なのですっかり明るいです。

さらに中央道を走り諏訪南ICで降りて八ヶ岳エコーラインで白樺湖方面へ向かいました。道中、路肩に軽く固まった雪が残っている程度で全く冬道の雰囲気はありませんでしたが、前夜にちょっと雪が降ったようで、八ヶ岳の麓付近はうっすらと白く見えました。一応、まだ気温は低いです。

白樺湖へ向かう大門街道も積雪はなく、ほぼドライな道を走ってしらかば2in1スキー場に到着。8時過ぎには付いたので、まあ良いペースだったと思います。とにかく、キャリアレスは快適ですよ。

しらかば2in1スキー場、春の景色

ちなみに、一度ルミエール側の駐車場に向かってみたのですが、なんだかどこに停めれば良いのか分からずセンターハウス側に戻ってきました(苦笑)。この時期、駐車場の案内もあまり積極的にされていないのが辛いところで、駐車するときも”ここで大丈夫なんだっけ”と若干不安を感じつつ停めた感じですね。流石に駐車場は空いてました。とは言ってもガラガラってわけではなく、やっぱりまだ滑ってる人はそれなりに居るのねーという感じ。

ゲレンデも横のほうは雪が解けて地面が見えていたりします。もうシーズンも終わりだなぁと感じる光景です。

準備をしてゲレンデに出てみました。今回も午前券です。雪質は完全なザラメなんですが、ぴちっとピステが入っていて思いのほか滑りやすそうに見えました。

こんな感じで、実質は氷の粒ですね。朝は流石に硬いです。

リフトから見るとさらに雪が減っているのが良くわかります。それでもゲレンデはちゃんと確保されていて滑りやすそうです。

こちらは緩斜面のほうですが、広くてなだらかな斜面がきちんとメンテされていて非常に滑りやすかったです。

メインゲレンデとなるこちらもゲレンデは綺麗に整備されています。周囲は流石に雪がもう少ないですが。

さて、しらかば2in1といえば、最上部からのこの景色ですね。この日は天気も良くて、浅間山から日本アルプスの尾根までまさに360度の大パノラマが楽しめました。本当に素晴らしい景色で涙が出そうになります。

こちらは南アルプス方面。

蓼科山も近くに見えます。もう雪もほとんど残っていません。

中央アルプス、木曽方面かな。白い山並みが遠くに見えて綺麗です。

右手に浅間山、左手が妙高とかあっち方面ですかね。開放感が半端ないです。

北アルプス、白馬方面も見渡せます。こんなところを滑り降ります。

上部の上級者コース。今回もほとんどここ滑ってました。斜面の加減が丁度いいのです。

とにかく今回のスキーで感じたことは、春の硬い雪質とはいえ、きちんとピステが入ってメンテされているゲレンデは滑っていて非常に気持ちいいなぁということです。確かに雪はザラメだしシャーベットだしって感じなんですが、きちっと整備されていてちゃんとフラットなゲレンデになっていることで非常に気持ち良く滑れました。

今シーズンはこの方面、白樺国際スキー場としらかば2in1スキー場を久しぶりに訪ねて、フラットに整備された整地ゲレンデに感動したのですが、これはこの時期、春スキーになっても相変わらずです。この時期のこの雪でここまで楽しく滑れるとは思わなかったというのが正直なところで、素直に感激しました。まさにスタッフの方に感謝です。

休憩では個人的に定番のケーキセットを頂きました。でもこれやっぱり高いわ。今回はスペシャルプライスってことで600円でしたが、通常は750円。500円でケーキセットが頂けた昨シーズンまでのエコーバレーが懐かしいよ。

終盤は時間調整も兼ねてセンターハウス付近を練習モードで滑りました。この初級の広い緩斜面はとにかく気持ちいいです。

13時ギリギリまで滑りまくって終了。今回も良く滑りました。疲れた。ここまで滑れるなんて予想外で大満足な春スキーでした。天気も良かったし。本当に、ピチッと整備されたゲレンデってのは感動すら覚えるんですね。また来たいなぁと思いました。マジ通いますよ、これ。

温泉は「望岳の湯」へ

さて、温泉タイム。今回は久しぶりに「米沢温泉塩壺の湯」へ行こうと思っていたのですが、行ってみたらなんと臨時休業。どうやら「お湯が汚れた」らしい・・・なので、急遽行き先変更。玉宮温泉望岳の湯へ向かいました。

ここに来るのも実は久しぶりです。公共施設ということで飾りっ気の無い雰囲気もポイントです。

温泉はアルカリ性単純泉ということで、入った感じは特に変わった印象はなく、お湯の成分としてはあまり強くない印象でしたが、ポカポカと体が温まったのでやっぱり温泉なんだなぁと感じました。ちょっと湯船が深めっていうのもポイントかな。肩までしっかり浸かれる感じが若干新鮮でした。

名前は「望岳の湯」ですが、露天風呂も無くてあまり景色を楽しめる感じでは無かったかな。風呂場の向きも関連するかも。男女の風呂場が定期的に変わるので、次は逆側に入ってみたいです。

外からは八ヶ岳はとても綺麗に見えてました。

はみ出しグルメと信玄ソフト進化版

遅めの昼食は双葉SAで富士山丼でも食べようかな、と思っていたのですが、SAでメニューを見ていたら、『フードコート総選挙2018 ~はみ出しグルメ!! in 中央道・長野道~』なるイベントの案内を発見しました。なにやら企画モノのメニューが各SA/PAのフードコート、スナックコーナーで展開されているようです。これは是非食べたい。こういう企画モノは”全部制覇する”のが信条なんですが、さすがに3月中にすべて回るのは無理っぽいです。

という訳で、釈迦堂PAで「甲州富士桜ポーク丼」を頂きました。要するに豚焼肉丼なんですが、ボリュームがいい感じです。甘辛ダレで美味しく頂きました。

そしてデザートは、いつか食べないといけないと思っていた「桔梗信玄ソフト吟造り+恋い抹茶」を談合坂SAで頂きました。信玄ソフトは、八ヶ岳PAのノーマルから始まって、釈迦堂PA他で売っている信玄棒付きの「+(プラス)」、そして談合坂SAの「桔梗信玄ソフト吟造り+恋い抹茶」と、東京に近づくにつれて進化して値段も上がっていくんです(苦笑)。このソフトクリームはなんと540円。私が知る限りソフトクリームとしては最高値だと思います。

早速頂いてみたのですが、率直に言って信玄ソフトならノーマルをお勧めします。きな粉、黒蜜、そしてソフトクリームのミルク感の相性がたまらない信玄ソフトの醍醐味はやっぱりノーマルで味わいたいです。この「桔梗信玄ソフト吟造り+恋い抹茶」、たしかに抹茶ソフトクリームは絶妙に美味しいのですが、信玄ソフトとしてきな粉と黒蜜をあわせることでさらに美味しくなっているか、というと若干微妙です。普通のソフトクリームのほうが良いかな、と。

美味しいのは確かなのですが・・・うーん、むしろノーマルな信玄ソフトが食べたくなりましたね。という訳で、ワタシ的にはノーマルがお勧めですよ。

帰路は概ね順調

中央道は渋滞も少なく快適にドライブして帰宅の予定だったのですが、この日は事故渋滞で多少突っかかりながら帰る羽目に。それでも大きな渋滞もなく順調だったかなと。事故渋滞でもなければこの時期の中央道の自然渋滞は比較的軽い印象です(小仏峠は多少、運があるけど)。

結構早い時間に帰れて良かったです。道中、どうしようもなく眠くて「眠眠打破」を飲んでしまいましたが、これやっぱりヤバいですね。本当に眠くなくなる。そしてその後の疲労感が酷いのもやっぱり予想通りなんですが・・・。

という訳で、しらかば2in1スキー場で春スキーに行ってきた話でした。きっちりと整備されたゲレンデは春スキーでもやっぱり快適だし、整備している人たちの心意気が感じられるんですよね。こういう気持ちのいいサービスに出会うと気分も良くなります。そんなことを感じた一日でした。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ