しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログです。主にはゲーム、ガジェットレビュー、ドライブ記録です。

iPhone SE2に「Spigen ネオ・ハイブリッド ヘリンボーン」を装着。”メタル・スレート”はお勧めカラー。

time 2020/06/15

iPhone SE(第2世代)ことiPhone SE2を購入して、早速ケースを付けました。今回は「Spigen ネオ・ハイブリッド ヘリンボーン」。デザインがお気に入りの一品なんですが、今回は新しいカラーを選んでみました。これは正解だったかもと思っています。

sponsored link

iPhone SE2もケースは「ネオ・ハイブリッド」

という訳で、iPhone SE2を購入したわけですが(iPhone SE2のレビューは別記事で)、早速ケースを付けています。基本、スマホは本体をガッチリ保護して使う派なので。

もうiPhoneのケースはSpigenのネオ・ハイブリッドシリーズしか使えない体になっているので、今回も「ネオ・ハイブリッド ヘリンボーン」にしてみました。このケース自体は以前iPhone 7で使ったことがあるモデルで、今回は色違いを選択しています。

Seigen ネオ・ハイブリッド ヘリンボーン “メタル・スレート”

今回選んだのはこちらのモデルです。

カラーは「メタル・スレート」。”metal slate”です。ぶっちゃけ「ネオ・ハイブリッド」シリーズは何度も買っていて、都度カラバリで遊んでいるので、今回も新色を選んでみました。

はっきり言いましょう。ひと目で惚れました。この質感はサイトの写真とかじゃ分からないですね。思ったより青いです。つや消しです。Slateって「くすんだ」色味を指していますが、このmetal slateは若干青みを感じるメタルカラーに仕上がっていて非常に美しいと感じました。

ブラックの本体を入れるとこんな感じになります。相変わらず質感も良いし、ワイヤレス充電にも対応しています。若干、本体が大きく感じるのはまあ仕方ないところです。iPhone SE2のコンパクトさを活かしたいなら、もっと薄いケースが良いと思います。私はこの保護性能とデザインのバランスが好きなので、ネオ・ハイブリッドシリーズ一択です。

手元にあった、iPhone XRとの比較です。ケースはネオ・ハイブリッドの”シャイニー・ブラック”です。シャイニーブラックのケースはフレームが艶ありの加工になっていて、好みの分かれるところだと思います。個人的にはメタルシリーズのつや消しが好きです。こうして比較すると、メタル・スレートの青さが際立つ印象です。

こちらはiPhone Xs Maxとの比較です。ケースはネオ・ハイブリッドの”サテン・シルバー”。サテン・シルバーケースはTPU本体の色味が若干青めで、フレームは真っ白なつや消しシルバーになっており、非常に爽やかな印象です。メタル・スレートはこのサテン・シルバーのカラーリングに雰囲気は似ているかなと思います。どちらもシックな印象が好きなカラーリングです。

機能性の高さは言わずもがなですが、今回のカラー選択は大正解だったなと思っています。

やっぱりネオ・ハイブリッドだ

以上、iPhone SE2向けにネオ・ハイブリッドの新色を導入してみたら非常に良い色味でカッコよかった話でした。こういうケースの「色味」ってなかなか写真だけじゃ分からないですよね。だからこそ、いろんなカラバリにチャレンジしてみる楽しみもあるわけですが。

今回の「メタル・スレート」はホント良いカラーだったと思います。お勧めですよ。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

sponsored link

アーカイブ