しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログです。主にはゲーム、ガジェットレビュー、ドライブ記録です。

XVハイブリッドのワイパーをBOSCH エアロツイン J-フィット (+)に交換した。

time 2018/03/14

XVハイブリッドのワイパー交換しました。BOSCHのエアロツインです。新しいワイパーで拭き取りも綺麗になって満足なんですが、意外にワイパーメンテナンスって難しいんですよね。

sponsored link

ワイパーメンテナンスは難しい

納車から1年以上経過し、ワイパーもちょっとくたびれてきた感じがしたので、交換することにしました。12ヶ月点検のタイミングで純正交換っていう選択肢もあったんですが、そこはやっぱり社外品。いろいろ使ってみたいですね。

ただ、ワイパーメンテナンスって難しいんですよね。サイズや形状のバリエーションがとにかく多いので、きちんと適合したものを選ぶ必要があります。ひとつ大きなポイントとして、ワイパーブレード本体から交換するか、ワイパーゴムのみ交換するかという選択があって、これも悩みどころです。

当然、ゴムのみ交換のほうが安くあがるんですが、ゴムの形状のバリエーションがこれまた多くて、よく確認しないと微妙に合わなかった、なんてことがあります(経験者は語る)。ワイパーブレードから交換したほうが適合リスクは小さいんですが、それでも湾曲の度合いでフロントガラスにフィットしなかったりって、やっぱりあるんです(経験者は語る)。意外に難しいので、大人しく純正品を選んでおくのが面倒くさくないのは間違い無いです。

でも社外ワイパーのほうが撥水ゴムが選べたり、空力を考えた形状のものが選べたり、と選択肢が多いのはやっぱり魅力です。

という訳で。BOSCHのワイパー「エアロツイン J-フィット (+) / Aerotwin J-Fit (+)」に交換してみました。なんか形状がカッコ良かったのと、値段も普通だったので、なんか衝動買いです。

エアロツイン J-フィット (+) / Aerotwin J-Fit (+)

最後の「(+)」がどうにも気になるんですが、製品名としてはコレらしいです。

https://jp.bosch-automotive.com/ja/aerotwin-j-fit-plus

「えあろついん、じぇーふぃっと、ぷらす」って読むのが正しいのかな。

しっかりGPEにも対応となっていたので、安心して購入です。オールシーズン対応ということで、雪山に頻繁に行くワタシの車でもバッチリ大丈夫、と。本気のスノーブレードじゃないですが、形状的に雪の重みの影響を受けにくいっていう意図は分かります。

サイズは運転席側が65、助手席側が40です。拭き残しを減らすためにサイズアップなんてことも前車ではやってましたが、XVハイブリッドでは特に拭き残しも気になるレベルではないのでサイズはそのままです。

箱から出してみました。いい湾曲具合です。GPEのワイパーってフロントガラスの形状によるのか、かなり曲がりがキツイんですよね。なので、普通の市販のワイパーゴムだと、端が浮いちゃうんです(経験者は語る)。このワイパーは大丈夫そう。

特徴的なのがUフック部。「アダプターカバー」が付いていて、Uフック部を保護すると同時にしっかり固定してくれる機構になっています。デザイン的にはちょっと無骨な感じで良いなぁと。

交換前。純正ワイパーブレードでもUフック部にカバーが付いています。これ流行りなのかな。ただ、これが外しにくいんだ。

確かにゴミが入ったり外れたりしないんで良いデザインだとは思うんですが、結構硬いです。でももうこの純正ブレードともお別れ。

新旧ワイパー比較です。下側が新しいエアロツインJ-フィットなんですが、Uフック部分がカバーの分もありちょっと大きめ、高めになってます。他方、ワイパーブレード本体は純正ブレードよりスリムに仕上がっています。製品Webページによれば、このワンボディ形状によってガラス面に当たるゴム圧が均質になる効果があるとか。

こんな感じでアダプターカバーが開きます。開いた状態で、開いたのと反対側からワイパーアームのUフックを引っ掛ける形で装着します。しっかりUフックがかかってないと、このアダプターカバーが閉じないという安心設計。何ていうか、ギミックとして素敵だと思います。

交換後。まあ、ワイパーが変わっただけですので、大きくスタイルが変わったというところもないんですが、ちょっとスッキリした印象にはなったかなと思います。

走ってみたところでも何が変わったということはないんですが、アダプターカバーの大きさの分、ワイパーアームがちょっとだけ高くなって、他方、ブレード本体は薄くなっていることもあり、運転席からの視界の下のほうがちょっと変わった感じがします。ワイパーアームの下側がちょっと覗けるようになっているのが、付け替えた当初は結構新鮮な視界に感じました。

たかがワイパー、されどワイパー

交換後、雨の中を走る機会もありましたが、さすが新しいワイパーは綺麗に拭き取れるし、静かです。そう、静粛性もこのエアロツインJ-フィットの特長の一つですね。たかがワイパーですが、安全装備としてちゃんと交換メンテナンスしてあげないといけないなぁと実感しました。新しいワイパーはやっぱり気持ち良いです。

そしてこのエアロツインJ-フィット。アダプターカバーのギミックに細身のボディと、良く考えられたワイパーという印象です。迷ったらエアロツインだな、と思います。迷ったらBOSCHのワイパーでいいんじゃないかな、と。

最後に、交換時はちゃんと適合確認して交換しましょうね。ホント、ワイパーの適合は鬼門ですから・・・

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.



sponsored link

アーカイブ