しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

XVハイブリッドにSTIフレキシブルドロースティフナー装着!これ凄い。

time 2017/04/16

XVハイブリッドの車体剛性向上運動です。クロスメンバーカラー(リジカラ)取り付け後、同日、STIフレキシブルドロースティフナー装着しました。クロスメンバーカラーだけでも相当な効果を感じていたのですが、STIフレキシブルドロースティフナー、さらに凄い効果で驚きました。

sponsored link

やっと”出た”フレキシブルドロースティフナー

もともと、このフレキシブルドロースティフナーというパーツについては、効果の高さに定評があったため、XVハイブリッド購入直後から取り付けたいと思っていたパーツだったんです。ネットで見ても、当時から、パーツ流用で取り付けている事例は多数ありました。

ただ、STIのページでは、私がXVハイブリッドを購入した当時は、GPEは非対応というか、正式な対応版としてはリリースされていませんでした。何度も確認したので間違い無いです。持ち込みしないとダメかなぁと思ってたと。

時は流れ、先日、STIのホイールナットを夏タイヤ用に購入しようとSTIのサイトを確認していたら、なんとフレキシブルドロースティフナーもGPE対応になってるではありませんか。速攻、ディーラーの営業さんにお願いして、発注しちゃいました。営業さんも「いつの間に・・・」とか言ってたんで、大丈夫かよ、と、思いつつ。

おそらく、もともと対応していたんですが、tS(フレキシブルドロースティフナー標準装備)の発売から時間がたって、STI側でもリリースになったのかな、と想定します。現状、この状況なので、ディーラーで普通にオーダーして、普通に取り付けしてもらえます。楽ちん。スバルカードで割引も効きます。

STIフレキシブルドロースティフナー

さて、このスティフナーというパーツ、私も実はXVを購入するまで名前も聞いたことが無かったんですが、説明を見ても、やっぱり「?」です。原理がよく分かりません。パフォーマンスダンパーと同じような効果とか言われても・・・謎です。

http://www.sti.jp/parts/subaruxv_gp/chassis/ST20118MF000/

ただ、フレキシブルタワーバーと合わせて装着するとこで、絶大な効果を発揮するとのこと。これは付けてみなくては、って思うんですがね。なんなんでしょう。これ・・・。

発注から納品までは念のため2週間見ました。取り付け作業は1時間くらいで終わります。そもそもポン付け状態なので、そんなに難しくも無さそう。益々、謎が深まります。

効果は素晴らしい。

そんな訳で、取り付け完了。

ちゃんと鎮座しておられます。こんなパーツで、一体、何が起きるのか。

で、走り出した瞬間、効果が分かりました。これまた声が出た(笑)。素晴らしくハンドリングが良くなります。イメージ的には、ハンドルからステアリング、さらにはフロント全体に、グッとテンションがかかったような操作感になり、ハンドル操作が非常に「爽快」になるような、そんな感じ。何言ってるんだって、思われるかもしれませんが、多分、実際、スティフナー使ってる人には分かってもらえると思います(苦笑)。

まず、端的に分かりやすく言って、ハンドルの操作量が減ります。今まで半回転必要だったものが、ちょっと少なくて済むような感じ。あと、「増し切り」が無くなる。ちょっと足りなかったかな、的な感じがなくなって、ハンドルを操作した分だけちゃんと車が曲がってくれる、そんな印象です。こういう書き方をすると、「え、じゃぁ今まで、ハンドル切っても車曲がらなかったの?」と思われそうですが、そうではなく、意識的に、これくらい曲がるだろうという操作感と車の挙動がリニアに対応して、素晴らしく運転しやすくなる、ということです。

これは高速で、たとえば緩いカーブを走り抜けるようなところでも効果があって、圧倒的にステアリングの座りが良くなって運転が楽になります。嬉しくなって箱根に山道を走りに行きましたが、リジカラの効果も手伝って、もう全然、別の車になってしまったかのうような操作感です。さすがSTIブランド、侮りがたし、って感じです。

という訳で、STIフレキシブルドロースティフナー、超オススメ。ディーラーですぐ注文しましょう。コスパも悪くないと思います。XVハイブリッドに限らずですが、やっぱり車体剛性、重要だよな、って思いました。これでほぼtS化できたかな。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ