しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログです。主にはゲーム、ガジェットレビュー、ドライブ記録です。

XVハイブリッド、アルミテープをホイールに貼り付け。これは良い感触だ。

time 2018/05/02

XVハイブリッド、夏タイヤ交換記念、アルミホイールにアルミテープを貼り付けてみました。これ良いですね。

sponsored link

ホイールにアルミテープを貼ってみた

アルミテープチューンの定番の一つに、ホイール周りへのアルミテープ設置ってのがあります。燃費改善効果とか結構良い報告が多いので、夏タイヤに交換したし、ホイールも綺麗に掃除したしってこととで、試してみることにしました。

ホイールの外側にアルミテープを貼ると結構目立つってことで、内側に貼っている人が多いようですが、ホイール外すのも面倒だし(タイヤ交換時にやれば良かったんですが、時間無かったんですよ)、多分目立たないデザインなので、外側に設置してみています。

こんな感じで、まずは対角線上に貼ってみました。

うん、遠目では分からないですね。4輪2枚ずつ設置しています。

この状態で走ってみたところ、明らかに空走感が増して、車がスーッと進むようになった感触が感じられました。本当かよってところなんですが、こんな程度でも十分に効果が感じられるところ、やっぱりタイヤ周りの除電は効果が高いということでしょう。これは良いです。

気を良くして、前輪だけ5枚に増やしてみました。スポークが10本なので、対称性を考えると2箇所か5箇所か10箇所かになるわけです。やっぱり遠目では分からないですね。ただ、5枚に増やしたからといってドラスティックに何か変わるということは無かったです。とにかく1枚でも2枚でも設置することが大事らしい。

ちなみに、あまり関係無いですが、ブレーキフルードリザーバータンクにもアルミテープを設置してみました。まあこれは気休め程度。

さらに追加。ホイールセンターキャップにもアルミテープが貼れそうだったので、ここにも追加してみました。ホイールセンターについてはトヨタの特許図面でも設置箇所としてマークされているポイントなので、ここはやりたかったところです。

こんな感じで半円状のアルミテープを計8枚作成し、センターキャップの「BALMINUM」ロゴの上下に貼ってみることにしました。センターキャップは何やら薄い樹脂でコーティングされていたらしく、劣化してポロポロと剥がれていましたので、これを綺麗に除去してアルミテープを貼り付けてみました。

こうなります。全く分かりませんね。よく見るとアルミテープが貼ってあるのが分かると思います。全体にシルバー地の部分であれば外側にアルミテープ貼っても目立たないです。

センターキャップにアルミテープを追加したあとの運転感覚ですが、若干足回りがどっしりした感じになっています。ブレーキの効き方が変わったような・・・これはブレーキフルードリザーバータンクにアルミテープを貼ったのが効いてきたからなのかな。とにかく足回りの安定感が増した感じがあり、やはり効果はあったようです。

以上、ホイール周りにアルミテープを設置した話でした。マジこれとても効果あるので、試してみて欲しいです。今度ホイール外して内側に貼り直そうかな。その前に、ボロボロに傷んだセンターキャップを交換したいんですが、これサイズに規格があるわけではなく個別みたいなので、ちゃんとサイズ測ってあげないとダメっぽいですね。もちろんBALMINUM純正の交換キャップもオプションであるんですが、1個2000円とかするし・・・。なんか考えよう。

追記:ホイールセンターキャップへのアルミテープ貼り付けの効果について

センターキャップにアルミテープを貼った後、足回りがどっしりしたりブレーキの効き方が変わったといった効果を感じていたのですが、その後箱根の山道を走りに行った結果として、これは「足回りを固めた時の効果」に似た感じになっていることが分かりました。

ワインディングを走ってみて分かったのですが、実はロールも減っていてコーナリングの感覚がかなり変わってしまったことに気づきました。スカッと突っ込める感じになっています。そう考えると最初に感じた変化も説明が付きます。すべて、足回りを固めた時に感じられる変化なんです。

という訳で、どうやらセンターキャップにアルミテープを貼ると、足回りを強化したような効果が出ることが分かりました。やっぱりアルミテープ面白い。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ