しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iPhone SE買う。しかし予約したのにまだ届いていないという無理ゲー状態。

time 2016/05/15

突然ですが・・・iPhone SE買います。ってゆっか、正確には、買いました。買いましたが、まだ届いてません。

いやもう、今回で懲りた。キャリアでiPhone買うのは今回を最後にしたいと考えています。

sponsored link

iPhone SEを入手する背景

はい、ワタクシ、auでXperia Z1を2年とちょっと使っています。すっかりバッテリーが逝ってしまっていて、半日どころか、数時間で勝手に電源が落ちます。しかも、再度電源入れると、容量80%くらい残ってるって表示されます。もう、完全にダメなやつですね。残念。

そんなわけで、本当はもっと早く機種変更する予定だったのですが・・・期待のXperia Z5がスペック的にイマイチだったこと(Snapdragon 810とかもろもろ)、あまり良い噂を聞かないこと、そして何より高いので、躊躇していたわけです。その裏で、SIM Freeのarrows M02を買ってしまい、なんだ、Androidってこれで良いんじゃね?って思い始めていたところもあり。マジでM02良いから。もうAndroidでバッテリーに悩むのに嫌気が差した。

そしたら出ました、iPhone SE。これは行くしかないと。という訳で、au Xperia Z1からau iPhone SEへの機種変更決定です。

ちなみにiPhone SEにしたのにはもう一つ大きな理由があります。現在、SoftbankでiPhone 6 Plus(sではない)を使っているのですが、これの使い勝手が非常に悪い。理由は簡単で、メモリが足りないんです。

このブログを見てもらえば分かる通り、結構ゲームばかりしてる私(苦笑)なんですが、ゲームやってて、裏でSafariで攻略情報見て、ゲームに戻ったら、リロード、とか、結構多いんですよね。最近アプリのメモリ消費量が大きくなってるため、古くからの1GBメモリのiPhoneではちょっと使い勝手が悪いシーンが出て生きているのが実情です。

iPhone 6s/6s Plusが2GBなんですよね。これきっと2GBになったら快適なんだろうなぁ、と思っていたところに、iPhone SE発表。ギリギリまでいろいろ情報収集して、メモリ2GBであることが分かったので、これは買うしかない、と判断しました。正直、メモリ2GBじゃなかったら、買い替えなかったと思います。iPhone SEはiPhone 5のボディにiPhone 6sの中身です。このアドバンテージは個人的に大きいと期待しています。

予約って、意味なかったような気がする。

当然の如く、、auじゃなくSIMフリーも考えたんですが、まあもう一回くらい、auでも良いかな、とちょっと優しい気持ちになったんですよね。これが良くなかったかもしれない・・・

正直、Appleも各キャリアもあまり多くは売れないと見ていたと思います。ってゆっか、あんまり売れてほしくない(あくまで、iPhone 5系ユーザーの受け皿としての)製品なのかな、と思っています。ただ、僕みたいにスペック見て判断してる人も居るんだな。残念ながら。という訳で、「予約したけど届かない」事件に巻き込まれてみました。あえて(苦笑)。

「あえて」というのも、スペースグレイの64GBという、一番在庫が「薄い」の狙ってるから。どうせ長く使うので、この辺は妥協したくないんですよ。

という訳で・・・予約が3/25 0:04。そんなに遅いつもりは無かったんですが・・・やっぱり遅かったらしい。予約開始後1時間くらいで勝負しないとイマドキのiPhone予約は勝てないのね。ちなみに、iPhone 6 Plusのときは、予約1時間後で、発売1週間後入手。今回は・・・待てど暮らせど連絡来ない・・・。

そして、本申し込み案内が5/12です。おおすげーな。1ヶ月半待たされたよ。5/13審査で、発送が5/16。おお、週末に当たっちまった。翌営業日なのに。結局この週末入手できないという謎な状態。

まぁここまで”あえて”巻き込まれてみて、やっぱりキャリア予約は意味が無かったと感じました。

一方のAppleオンラインストアのほうは、この間にも価格変更(値下げ)されてたり、納期もきちんと表示されてるし(それでも数週間の待ちではあるらしいですが・・・)、やっぱりAppleから直接買ったほうが良かったなぁと感じてます。

キャリアに何を求めるか、を考える時が来たかな

この一連の流れを見て、所謂ケータイキャリアに求められるものが変わってきているのを感じました。ガラケーの頃は、それこそ新しいキャリアサービスとガッチリ連携したキャリア端末っていうのが、市場をリードしてきた。まさにガラパゴスな進化の究極を行っていたと思います。それはそれで悪いことではなくて、技術的イノベーションの「一つの形」であることは否定できないです。

ただ、モバイルがOpen Platform化しつつある昨今においては、過去大手キャリアが行ってきた手法はもはや技術的な要求に応えられなくなりつつあると。特にApple/iPhoneみたいな製品を使う環境において、キャリアの役割ってのは変わりつつあるのかと思います。巨大な顧客基盤に甘えて何かをする時代はもう終わりではないかと。NOTTVで懲りたでしょう。

一方のSIM Free市場についても、徐々に成熟しつつあり、arrows M02みたいな「優秀な端末」が出てくる環境がもっと広がっていけば、大手キャリアとの直接契約に拘る理由も無くなってくるでしょう。ちなみに。実家で両親がDocomoとSoftbankを使っていますが、次買い換えるときは「イオンモバイルでarrowsにしろ」と勧めています。大手キャリアの魅力の一つはサポート面にあるんですが、田舎のジャスコでケータイが買えて、サポートも受けられる環境が出来つつある。これは脅威的なことだけど、とても正しいと思ってます。

そんな感じで、多分、auでiPhone買うのは、これが最初で最後になりそうな気配ですが・・・久々の新ガジェット。届くの楽しみ!

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ