しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iTunesがアートワークを見つけられないときの傾向と対策

time 2014/12/27

iTunesでCDを取り込んだあと、「アルバムアートワークを入手」できない場合の対処法。

sponsored link

iTunesでアートワークが当たらない

iTunesではCDトラックデータにアルバムアートワークを設定できます。自分で画像データを用意して設定することもできるし、世の中にはアートワークをバルクで設定してくれるプログラムもあったりしますが、普通はiTunesが勝手にiTunes Storeから画像をダウンロードして設定してくれます。あるいは、メニューから「アルバムアートワークを入手」を選択することで、手動で設定することもできます。

ところが、これがうまく行かないことがあります。今回、うまく行かなかったのは下記のトラックです。

スクリーンショット 2014-12-27 2.49.27

不可解なことに、iTunes Matchの判定が「マッチ」、つまり、確実にiTunes Storeに楽曲があるものでさえ、ダウンロードできないことがあります。

原因はCDDB(Gracenote)とiTunesの情報不一致

結論から言ってしまえば、これはiTunesの動きが悪いんだと思いますが、ズバリ「アルバムアーティスト」のタグ情報を、iTunes Storeの情報に合わせてあげれば、うまく採れるようになります。

上記トラックの例では以下の様な感じです。

  • CD取り込み時設定されたアルバムアーティスト:「BRILLIANT4 (相坂優歌, 黒沢ともよ, 三上枝織, 津田美波)」
  • iTunes Storeの同トラックのアルバムアーティスト:「BRILLIANT4」←これなら採れる

最初に取ってくるCDDB情報と、iTunesの情報の不一致が原因なので、まぁそういうものだと思って対処すれば問題はありません。考えてみれば、CDDB情報とiTunes Storeが情報を揃える義理も無いところだとは思うんですが、若干、iTunes Matchで「マッチ」って言ってる癖に・・・って辺りまで来ると、なんかカッコ悪いなぁという気もします。

アルバムアートワークが上手く取れない時は、アルバムアーティストを変えてみましょう。

【追記】それでもダメなときは、アルバム・タイトルを変えるとかすると、なんとかなることがあります。アルバムタイトルが、『トリニティセブン エンディング・ソング Theme1 「BEAUTIFUL=SENTENCE」』とか、まるで当たらないですよ。そりゃ。

sponsored link

コメント

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ