しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

ひらくPCバッグEvernote Edition入手。荷物が整理されて良かった。

time 2014/11/24

バッグを買い換えると、荷物の整理にもなるというのは、考えてみれば当たり前だけど意外に盲点だったなぁと思います。バッグを買い替えました。「ひらくPCバッグEvernote Edition」です。高かったけど、流石に良く出来てる。

sponsored link

PCバッグ選び

元々使っていたバッグはこれ。PCの入るトートバッグです。

ヨドバシ.com – ソリデックス WB-06BK [トート ブラック]【無料配達】
これはこれで決して悪くないんですが、いくつか不満点もありました。

まず、PCが縦に入るんですが、それによってバッグが不安定になること。意外にちゃんと立たない。そして何よりこのバッグ、重いんです。本体が重いというより、「異常に荷物が重く感じる」というところ。トートバッグなので、肩にかけたりして持ち歩くんですが、持ち手が細いため、肩に食い込む。PCはMBP Retina 13インチなので、多少、携帯向きでは無いところもありますが、それにしても重いです。トートバッグの良いところはなんても放り込めるところなんですが、結果、バッグの中が散らかってカオスとなっていることがあったり。

そこで、PCバッグの「定番」を探していたわけです。そして当然のごとく、「ひらくPCバッグ」にたどり着きました。

本家はこちら。

ひらくPCバッグ |「ペン立て」みたいなPCバッグ abrAsus(アブラサス)
Evernote Edition。

ひらく PC バッグ Evernote Edition | Evernote Market
週アス版というのもある。

ひらくPCバッグ 週アス版(まとめ板Pro限定バンドル) |アスキーストア
なかなかに良い値段がするので、しばらく躊躇していたところもあったのですが、思い切って買ってみました。色味と「ジッパーが真上に来ない」というちょっとした拘りでEvernote Editionを選んでいます。週アス版の赤いステッチは素敵なんですが、黒ってちょっと、って感じ。Evernote Marketなんて当然使うのは初めてで、届くまでどんなに時間かかるんだろう、と思っていましたが、意外に普通に発送されてきました。

ひらくPCバッグ Evernote Edition

というわけで、ひらくPCバッグ、Evernote Editionに荷物を移してみた。

th_2014-11-23 14.48.41

外観の色味ですが、この青みがかったグレーはなかなかに良い色だと思います。カラバリ3色の中では無難なものです。ウィードでも良かったかな、と思いつつ。Evernoteバッジがプレミアム感を演出します。ジッパーが真上ではなく、ちょっと前目になっていることで、PCが真上にすんなりとは引き抜けません。PCは一段奥に配置されるようなイメージ。なるほど、ここがEvernoteの拘りかな、と思いました。

とにかくストラップが絶妙。柔らかくもしっかりした素材で、「肩に食い込む」ような感覚は全く無いです。本体に斜めに付いているのもポイントで、要するに、ビジネスバッグに肩掛けストラップを付けたときみたいな、両端を無理やり引っ張って肩掛けにしている感じが無いです。かくいう私、実は今使っているトートバッグの前は、まさに普通のビジネスバッグ風PCバッグを肩掛けにして使っていて、これまたあまりに肩への負担が大きくて捨てた経験があります。このバッグは、本体の補強材(底面から側面の三角の部分に、グルっと回りこんでます!この構造も絶妙!)から、このストラップの取り付け角度までがきちんと計算されているのを感じます。結果、同じ荷物を入れても、圧倒的に楽に持ち運べます。

難点があるとすれば、バッグを下ろすときとかに、一時的に本体を持つ持ち手のようなものが一切無いこと。せめて上部に取っ手があっても良かったかな、と感じます。この辺は慣れもあるかもしれませんが。

th_2014-11-23 14.50.05

PCを入れるポケットにEvernoteのプレートが付いています。

中の機能性の詳細は他にも多数レビューがあるので割愛しますが、トートバッグに入っていたものはすべて入りました。大きさはまるで違う(当然、ひらくPCバッグのほうが小さい)のに、なぜかすんなりと収まってしまった辺りは凄い。ってゆっか、この形状、そして仕切り板の存在によって、必然的に、「効率よく荷物を収める」ことが誘発されます。

正直、トートバッグの中は散らかってました。理由は、細々としたポケットが多数あって、そこになんでも放り込んでしまったためです。このひらくPCバッグは、そういった造形はあまりなく、仕切り板で空間を切り出していくことで、荷物を収める空間を積極的に作っていくことになる。この違いは結構大きいんだな、と思いました。正直、バッグなんて、「ポケットがいっぱいあること」が機能性だと思っていたのですが、このひらくPCバッグは考え方がまるで違っていて、新鮮でした。

もちろん、バッグがここまで開くので、収まっている荷物は一目瞭然です。つまりこのバッグ、中身を整理したくなるバッグなんです。

これに合わせて、いくつか荷物の入れ方も変えてみました。今まで、バッグのポケットに付いているペン立てに刺していたボールペン類を、ペンケースに収めて、バッグに入れるようにしました。また、いつもケーブルが絡まるBluetoothレシーバーについては、どこかのサイトで見た「メガネケース」を採用してみました。

th_2014-11-23 22.07.23

こんな感じで収まります。

これで一応、引っ越しは完了です。いや、非常に整理されて、気持ちよくなりました。

ひらくPCバッグは確かに高いです。高いですけど、とにかくいろんなことが考えられて作られたバッグなんだな、と、使ってみてすぐに感じることができました。バッグの中が片付かないで悩んでいる私みたいな人にオススメ。「バッグなんて荷持を放り込むもの」と思っている人は、きっとカルチャーショックを感じると思います。それくらい、このバッグは、使い方を強いる力があると感じます(値段高いし・・・てのもあるけど)。

カバンを新調すると、お出かけしたくなりますねー。

追記:mini買いました

ひらくPCバッグminiはサイズ感も使い勝手も良い感じ!

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ