しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

新しいMac Book Pro触ってきた。思った以上にMac Bookっぽい。

time 2016/10/31

既に新しいMac Book Proは発注済みなんですが、今日、期せずして、Mac Book Pro実物に触れることができたのでレポートです。結論から言うと、「思った以上にMac Book」です。

発表・発売直後ということで、店頭には流石に新しいMac Book Proなんて無いよね、と思ってました。アップルストアにはあるらしいという情報もありますが、まぁそれなりに店頭に並んでから、確認できれば良いかな、と思っていたんですよね。ところが、今日別用でヨドバシマルチメディア横浜をフラフラしていたら、なんと新しいMac Book Proが動いていたと。早速、触らせてもらいましたよ。

sponsored link

実物確認できたのは流石に非Touch Barモデル

実際、触ることができたのは、流石にTouch Barモデルではありませんでした。最近のAppleには良くあるヤツで、iPhone 7 Plusと同様、受注生産しているか出荷量が少ないか、塩梅は分かりませんが、現状出回っているのは殆ど非Touch Barモデルですね。

Touch Barが無ければ見た目は普通のMacですな。アップルマークが光っていないのが若干残念です。

小さくなった本体は好感触

まずはぱっと見た印象は、思ったより小じんまりとしています。キーボードがMac Bookと同じバタフライ構造になって、若干、ビジュアルの専有面積(比率)が増えたことも影響しているかなと思います。持ってみると、たしかに軽い。MBPはAir等に比べるとどうしても「どっしり」した感じがあったんですが、今回のMBPはかなり軽くなった印象。本体も薄くなっていて、実際手に取ると、かなり華奢になった感じがします。

13インチモデルもキーボード横にスピーカーが付いたのは、良かったと思います。インターフェースはもはやUSB Type-Cしか無いんですが、実は密かにヘッドホンジャックが残っています。実物を見て改めて感じましたが、これくらいの薄さになってくると、結構ヘッドホンジャックの、見た目の主張が強くなりますね。iPhone 7でヘッドホンジャックを捨てたくなった理由が、またちょっとだけ理解できた気がします。

動きは当然サクサク

軽くブラウザのスクロールなど確認した限り、2GHzモデルで、かつグラフィックプロセッサもTouch Barモデルからワンランク落ちるとは言うものの、使用感には全く不自然さはありません。ベンチマークや重たい処理になれば当然差は出てくるんでしょうが、もうこの辺のレベルになってくると、普段使いでは差が感じられないです。

改善された第二世代バタフライ構造キーボード

大きくなったタッチパッドは、当然ながら感圧式です。大きい方がジェスチャー取りやすいので便利だという触れ込みですが、ちょっと触っただけでは、あまり便利さは分からず。

で、問題の第二世代バタフライ構造キーボード。実は力作なのかもしれないとか。

触ってみると、明らかに、Mac Bookとは感触が違います。確かに同じバタフライ構造で、特有の底の浅さがあるんですが、Mac Bookよりはちょっと深くなってますね。その分、キーを打った時の反応が、若干、従来のキーボードに近づいた感があって、どちらかといえば好印象です。

Mac Bookのキーボードって、キーを叩くというより、ペタペタとタッチしていく感覚に近くて・・・そう、スマホのソフトキーボードに感覚が似てるんだな。キーを打った時の物理レスポンスの無さ(薄さ)とか、まさに近いかな、って感じ。で、新しいMBPになって、多少、従来のキーボードにあったようなレスポンスが得られるように改善されたように感じます。

ここで改めて考えてみると、確かに、従来のMBPのキーボードは、ノートPCとしてはむしろ深すぎたような印象があります。もうちょっとだけ、薄くて、浅くて良いのになぁ、そのほうが疲れないのになぁ、って思うことが多少あったのは事実です。もしかしたら、新しいMBPのキーボードは、凄いバランスを突いてきているのかもしれないです。まぁ、この辺は、多少実務で使ってみないと良し悪しが分かりませんので、現時点での評価は難しいですが、改善の方向性は悪くないと思います。

あと、この構造のお陰で、このバタフライ構造キーボード、叩きまくっても凄い静かだと思います。旧MBPのキーボードもそれほど煩い部類ではありませんが、とは言え激しく叩くとそれなりにチャカチャカと音がします。このバタフライ構造キーボードはより静かにキーを叩ける(あまり叩くという印象も無いですが)と思います。

総じて、悪くないかな、と思いました。

第一印象としては、思った以上にMac Bookだった

あまり長い時間触れなかったんですが、ファーストコンタクトの印象としては、やはり、思った以上にMac Bookだなぁという感じです。考えてみれば、『新しいMac Book』がそもそも新しいコンセプトのスタートだったので、MBPがその方向に進むのは当然なのかもしれません。でも、一応、MBPはハイスペックノートに位置するものなので、もうちょっとアレンジというか、ハイスペックらしい味付けがあるかな、と思っていたと。蓋を開けてみたら、結構Mac Bookのコンセプトとバランスを重視した作りになってるな、という印象です。

悪く言えば、特徵が無く、非常に退屈な製品なのかもしれません。でも、これが新しいMac BookコンセプトのProモデルだと言われれば、それはそれで分からなくもないような・・・難しいところ。

もうちょっといろんな情報が出てきて、あるいは実際自分で触ってみたら、答えが分かるのかなぁ、と期待します。あ、ただ、結論として、やっぱり「これは欲しい」です。買ってよかったのは間違いない。もう買ってるんで。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ