しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

ブレイブフロンティア日記。「ベクタス」攻略中。やっと戦い方が分かってきた。

time 2016/08/06

いやー、ブレフロ第三部「破絆の封神編」、マジ難しいわー。でもやっとリハビリが進んで、昔の感覚を思い出してきましたよ。

やっと1体召喚できるようになったよ。

th_スクリーンショット 2016-08-06 16.09.20

それでもやっぱり辛いのさ。

「破絆の封神編」では、召喚士自ら戦うという設定で、この召喚士くんがなかなかに弱いのです。なので、普通に進めていくと、まず確実にハマります。これ無理ゲーじゃね?って思ってしまうところですが、しばらく格闘して、たまにLobiのプレイ動画参考にさせてもらって(苦笑)、やっとなんか分かってきました。

正直、ブレフロも最初の頃は同じくらい難しいゲームだったんですが、「BBぶっぱ」できるようになってしまうと、そういうの、みんな忘れちゃうんですよね。バフの掛かる順番とかしか気にしなくなる(苦笑)。アイテム素材も、「アイテム枠逼迫するだけ、邪魔。むしろドロップすんな」ってなる。

でもね、思い出しましょう。最初の頃のブレフロは、もっと難しくて、いろいろ考えなければいけないゲームだったはず。そう、この第三部「破絆の封神編」は、まさに原点回帰なんです。という訳で、個人的に気づいたこと、攻略のポイントになりそうなところを書いておきます。ぶっちゃけ、あまりに当たり前の話ばかりです。

アイテムはちゃんと準備して、ちゃんと使う

アイテムなんて、BBあれば要らない、って思ってました。が、この第三部では、適切なタイミングで回復やバフをアイテムを使って行わないと、まず勝てません。恐らく誰もがハマるであろうステージ「未知との邂逅」とか、状態異常抑止+防御力アップが無いと、やっぱり勝てないです。

そしてそこで気づきます。アイテム素材が足りない!と。いままで、ドロップアイテムなんて、邪魔だ、邪魔、って思っていたのですが、いざ抗疫薬を作ろうと思ったら、素材足りない、絆素材も無い。どうしよう・・・とか。アイテムの有り難さを感じています。

という訳で、アイテムはちゃんと準備して、ちゃんと使う。ドロップアイテムや村で収穫できるアイテムは、ちゃんと収集して、アイテム化しておくなど、ちゃんと管理しないといけないようです。

属性は大事

第三部始まるときに、召喚士の属性、選びましたよね。そして属性は、ステータス画面からいつでも変えられて、属性毎に召喚術のレベルがあり、経験値はそのときの属性の召喚術レベルに反映されます。そう、属性も、都度、敵に合わせて変えていくものなんです。

もちろん、特定の属性の召喚術レベルを上げていけば、その属性のより強力なユニットが将来召喚できるようになりそうな気配ですが、はっきり言って、そんなの「まだまだ先」です。これも(ちょっとだけ)忘れていましたが、ブレフロは属性の相性が結構ダメージに影響します。なので、第三部序盤は、『目先の敵(ボス)に合わせて属性は都度変えてしまう』で良いということ。

意外にこれは気付かないでハマってる人多いような気がしますが、とにかく属性は、コロコロ変えてしまって良いと思います。

ミミック強い

ある程度進んでくると、宝箱でミミックが出現するようになります。ミミックなんて、もはやトラップの意味が無いと思っているユーザーも多いでしょう。私もそうでした。でもね、第三部、マジ、ミミックに簡単に殺されます。ミミック強いです。まず倒せません。

そう、ブレフロ序盤、動いている宝箱は開けるな、って、よく見てましたよね。序盤はホント、ミミック、強敵だった。いつの頃からか、ただの進化素材と化して、なんでバットミミック出ないんだーとか、言ってましたっけ。そう、第三部は、ミミック復権の章でもあるのですよ。

正直、ミミックは「開けたら最後、ギブアップ」するしか無いのが現状です。でも、昔はそうだったよね、と懐かしく感じました。兎に角、動く宝箱には触れるな、です。

クエストを苦労してクリアする楽しみ

こんな苦行みたいな第三部の序盤ですので、ここで挫折するユーザーも結構居るんじゃないかな、と思います。ただね、ブレフロの「本当の楽しみ」は、実はこのバランス感にあったんだ、ってことを再認識してほしい。第二部まででも、本当の高難易度クエストになると、かなりシビアなタイミングやターン読みが必要な場面がありますが、本来のブレフロの難しさ、楽しさって、こういう、いろんなものを駆使して、強敵をなんとか倒してクエストを進めていくところにあったんですよね。

だからこそ、この召喚士編は、第三部、つまり、第二部までをきちんと遊びきった人に、改めてゲーム本来の形を見なおしてもらうためのデザインなんだと思いました。

ここは本当に難しいところで、それこそ「BBブッパ」に代表されるような、爽快なゲームを目指すなら、こんなことはしないはずです。それを、あえて、本編でこういう変革を持ってきたあたり、ブレフロの信念を感じます。だからこんなに長く続くんだよね、と。

とは言え、最終的にはユーザーが遊んでくれるか否かが勝負になってしまうわけで。「今ならSR貰える!」っていうゲームばかりやってるユーザーの心に、RPGとして本来の「強くなっていく過程」の楽しみが伝わるかどうか・・・と、そんなことを考えてしまいます。

閑話休題。使えるユニットを持っているか、残っているかが勝負

さて、本題。

という訳で、なんとか1枠、ユニット召喚できるようになりました。が、ここで使えるユニットはあくまで☆5まで、しかも性能に制限があります。もしかしたらフルスペック出せる☆4のほうが強いかもしれません。

ここで勝負になるのが、結局のところ、進化させずに残っている☆4、☆5ユニットがあるか否か、というところです。世の中、ユニット性能評価サイトも多数ありますが、当然ながら最終進化した時の性能について書いてあるものが殆どですし、そんな感じなので、とにかくユニット召喚したら、とっととレベル上げ&進化させてしまうわけです。なので、正直、どんな使えるユニットが手元にあるか(もちろん召喚しなおしても良いのですが)が勝負になる、と。

で、私、ラッキーだったのは、進化前のドルクが私の手元にはあったんですよね。ドルク。樹属性、半減、防御力バフ付き。いやマジで、この虎の子の1枠でドルク使えるようになって、楽になりました。もし、半減ユニットが残ってなかったら・・・と考えると、ゾッとします。きっと進められないことは無かったでしょうが、かなり辛いと思う。

そんな感じで、やっと進められるようにはなってきたものの、難しいのは相変わらずで、まだベクタス、クリアしていません。やっぱ難しいし、疲れるし、実は別のことも進めてるんで、なかなか進まないのです。

まあでもやっと開放された新章なので、焦らず、攻略していこうかなぁ、と、思っています。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ