しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログです。主にはゲーム、ガジェットレビュー、ドライブ記録です。

XVハイブリッドのドアガラスにアルミテープチューニング。あわせていろいろ更新してみた。

time 2018/03/14

アルミテープチューニングの続報です。以前からやってみたいなーと思っていたドアガラスへのアルミテープチューニングをついに実施です。ついでにいくつかチューンナップ箇所の更新をしてみました。

sponsored link

ドアガラスにアルミテープ

まずは定番というか、ドアガラスの下部にアルミテープチューンを行うというのをやってみました。まずはフロントドア。

内張りを剥がします。手順は割愛しますが、運転席の集中コントローラ部、カプラーがやっぱり硬くて抜き方にコツがある感じなので要注意です。少しづつ力をかけてこじっていくのがポイント。こうしてみると静音対策が意外としっかりとなされていることが分かります。いい感じです。

で、ドアガラスのどこにアルミテープを貼るかですが、トヨタ特許の資料によればフロントドアガラスについては「後ろの方」にマークされています。が、コレ見ると分かる通り、アルミテープなんて貼るスペースがありません。

仕方がないので、真ん中あたり、ガラスの上げ下げのアームが繋がってるところにアルミテープを貼ることにしました。おそらくこの「出っ張り」部に対策しようぜ、って意味なんじゃないかな、と勝手に想像します。

なお、最初内張りを剥がした直後、サービスホールからドア本体内部のドアガラスの端にアクセスする必要があるのではないかと一瞬勘違いしましたが、そんなことはありません。上部から行けますが、もちろん、ココに何か落とすと拾い出すのはまず困難なのでアルミテープの剥離紙など落とさないように気をつけましょう。

こんな感じ。ここなら比較的大きめのアルミテープも貼れます。ただ、何か落とさないように細心の注意が必要です。

ところでフロントドアの内張りにはスピーカーホールが開いているのですが、その角の部分にこのようにスポンジが貼り付けられています。このスポンジがなかなかに安っぽいスポンジで、何かの拍子でこれが擦れて「カサカサ・・・」と異音を発するようになることがあります。っていうか、助手席で以前これに当たりました。

という訳で、柔らかめの隙間テープに貼り替えています。ただ、このスポンジ、両面テープで止まってるわけではなく、明らかに接着剤で直接ドアに貼り付けられているため、剥がすのがなかなかに大変ですので念のため。もしフロントドアの前方下側から異音がしたらここを疑ってください。

ついでにコレはフロントドアのパワーウィンドウのスイッチ部分ですが、このパーツもカタカタと動くんだなぁ・・・。カプラー外そうと思って引っ張ったら、このパーツが動くことに気づきました。次の異音被疑候補はココかな。

気を取り直して、続いてリアです。内張りの剥がし方は割愛します。こちらはコネクタも少ないので難易度は低いです。それでも硬いですが。

リアはドアガラスの前後長がそもそも短いため、トヨタ特許指定のポイントである前後2箇所にも貼り付けできます。まぁ、端にはならないんですが。

こんな感じ(見づらい・・・)。

ところで、リアドアの内張りビニールシートの中が結構濡れていて驚きました。これ左右とも同じ感じで濡れていて、しかも水がちょっと入った感じではなく、バシャッと濡れている感じなんですよね。どこかに水が入る隙間があるのかとか、こういう仕様なのかとか、ちょっと気になるところではありますが。

ステアリングコラム下のアルミテープを「花形」へ

ステアリングコラム下のアルミテープもアップグレードしてみました。

元々はこんな感じでベタッと四角いアルミテープを貼っていたのですが、ネットで見かけた「花形」に貼り替え。

面積も増えましたので、これで効果も増大かな、と期待しています。

ところで。アルミテープチューン界隈の話題に、ステアリングコラムのアルミテープチューンの効果として、静電気”バチッ”が抑止されるという都市伝説があるのを見かけました。これはワタシの実感ですが、このXVハイブリッドでは静電気で痛い思いをしたことが確かに少ないです。ゼロとは言わないまでもほとんど記憶にない。前車ではこの時期、静電気が結構気になって、乗り降り時は気を使ってたんですがね。これがこの車の特長なのか、それともアルミテープチューニングの効果なのかは定かではありませんが、気になる話題ではあります。ホント、減ったのは確かなので。

波切りテープから矢印型へ

サイドミラーにアルミテープを追加しました。

吸気ダクトにもアルミテープを追加しました。

この五角形というか矢印型のアルミテープですが、これまで使っていた波切りのアルミテープより空気の流れに対してより効果が高いという噂を見て、今回採用してみています。もちろん様子を見ながらですが、他の部分も順次変えていくつもりでいます。

アルミたわしを更新

マフラーに巻きつけているアルミたわしが錆びてきたので交換しました。

これ意外に効果があるので馬鹿にできません。錆びていないほうがもちろん通電性も高いと思いますので、効果に期待です。

と、いろいろやった効果として

今のところあまり目立った効果はありません(苦笑)。多少、高速でドアミラー周りが静かになった印象はありますが、きっと気のせいかな。燃費などへの影響はもうちょっと時間が経たないとなんとも言えませんので、しばらく様子を見てみようかなーと。

アルミテープチューンも効く時は一発で分かるんですがね。ドアガラス周りはもうちょっと分かりやすい効果を期待していただけに拍子抜けです。まあいろいろあるさ。

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.



sponsored link

アーカイブ