しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

事件。車上荒らしにあって鍵壊された。

time 2016/11/05

いやぁ、事件は突然起きるものです。なんと車上荒らしにあいました・・・。

sponsored link

事件は突然起きる

現場は月極露天駐車場。基本、週末&休日しか車乗らないので、気付いたのは11/3。犯行はおそらく10/31未明から11/3までの間です。セキュリティとか付けてなかったし。正直、まさか、って感じでした。

11/3、夕食を取るために車で出かけたのですが、そのとき違和感がありました。鍵が開いてる。ルームランプが消えてる。確かに、鍵は閉め忘れた疑惑もあるので、そのときはうーん・・・っていう感じだったと。その後、食事から帰ってきて、鍵を閉めるとき、いつもとは違う音(ちょっと甲高い音)がして、「?!」と思って、ふと鍵穴を確認して見ると・・・

・・・ふぁっ!?鍵穴壊されてる・・・・??

もうね、やられたーって感じ。その場で警察に連絡しようかと思ったんですが、もう夜も遅かったし、明日朝イチにしよう、って感じで、翌朝警察に連絡しました。

11/4朝、近所の警察署に連絡すると、警察官を向かわせるとのことで、10分くらいで3人の警察官の方が来てくれました。ざっと現場を確認すると、「鑑識呼ぶからあまり近寄らないように」とのこと。ここで不謹慎にも「ふぁっ!科捜研の女!」とか思ったのは内緒。

いや、世の中そんな甘くなくて、結局出てきたのはおじさんですよ。もちろん。2名の鑑識官の方が来て、足跡、指紋とか採取して、鍵穴の型取り(壊した時の道具を特定するため)とかしてくれました。初めて鑑識作業なんて見ましたが、なるほど、こんな感じなのね、ってちょっと感動しました。関係者として指紋も取りました。指紋とは言いますが、掌紋まで合わせて、いろんな形で指紋取られるんですね。これまた感動。感動してどうする。

現場検証は結構な騒ぎになるので、結構注目されますが、多少目立ったほうが抑止効果もあると思い、そこは甘んじました。こういうのは騒ぐのが重要だと思ってますので。

被害状況ですが、鍵を壊された意外、特にモノを取られた形跡は無かったです。そもそも貴重品を積んでいないし。ただ、ダッシュボードに入れてあった、スキー用のウォレット、スキー場の会員証とか入ってるヤツが車の外に投げ捨てられていたので、どうやらさっくりとダッシュボードだけ確認されたようです。ちなみに、この会員証、実は数千円の価値はあったんですがね。

指紋採取では、ゴム手袋でドアに触れた跡が出ました。普段自分では触らない箇所だし、そもそもゴム手袋なんてしないし、これがおそらく犯人のものであることは間違いなさそうですが、当然、指紋なんて出ないわけで、うーん、って感じ。

何だかんだで2時間くらいかかって、被害届作成して終了。犯人捕まるかどうか微妙ですが、こんな卑劣なことするやつ許せない。是非検挙してほしいです。何も盗られてはいませんが、警察対応に時間とられたし、何より精神的なダメージは結構デカい。鍵も修理しないといけません。車って実は結構お金かかるんです。10円パンチとか、板金かけると10万とかすぐ出ます。もちろん、保険も使えるんですが、保険料も補償範囲が緩い(条件が広い)ものは安くないです。

これから鍵の修理見積もりに行きますが・・・いくらかかるんだろう。兎に角、今回思ったことは、何事にも備えはやっぱり必要だと。セキュリティはちゃんと付けておいたほうが良いなぁと思いました。次買う車では絶対付けようと心に誓いましたよ(この話には続きがありますが・・・別途)。

ぶっちゃけ、こういう犯罪って、ホント、ヤラレ損なんですよね。マジ、ムカつく・・・。

続き→

車上荒らしで壊された鍵の修理について

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ