しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iTunes Match時代のiTunesとの付き合い方。

time 2014/09/01

iTunes Matchが始まってしばらく経ちます。バックアップ感覚でアップロードしてはいますが、実質iPhone等では使っていません。ただ、iTunesで音楽を管理する上で、ちょっと気をつけないといけないという話。

いわゆる「待機中」問題。Appleサポートコミュニティでも出ていますが、「待機中」コンテンツの状態が進まなくなるケースがあります。これを回避するには、iTunesと仲良くしなければならない。

スクリーンショット 2014-08-30 11.40.35

iTunesでCDを取り込むと、まずこの「待機中」状態になります。これはiTunes Matchと同期できていないですよ、という状態。放っておいてもバックグラウンドで同期されるのですが、僕はなるべく「Store」メニューから「iTunes Matchをアップデート」を明示的に実施するようにしています。

理由は、歌詞データを登録したいから。この「待機中」状態で歌詞などの情報を編集しようとすると、警告を受けます。

スクリーンショット 2014-08-30 11.41.10

なんとなく、この警告からは「変更された内容は失われれるけど、処理はできる」ように読めるのですが、実際は、「待機中」状態で歌詞を編集するなどの変更を加えると、「待機中」から進まなくなる。進まなくなったデータは、再取り込み(※一度MP3データをiTunesのMusicフォルダから取り出して削除、再度MP3データを指定して取り込み)しないといけなくなります。

なので、iTunesでCDを取り込んだ後は、

  • 明示的にiTunes Matchのアップデートをかける
  • 状態が「マッチ」「アップロード済み」等、iTunes Matchで処理が完了した状態になってから、必要な編集をかける

という流れが必要になる。

スクリーンショット 2014-08-30 12.13.27

「待機中」ではなくなってから、情報は編集しましょう。

この辺の運用性とか、そもそもマッチングの性能(iTMSとのやりとり含め)とか、もう少し改善されてくれると嬉しいんですがね。なんとかならないかしら。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ