しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iPhone7のケースをSpigenネオ・ハイブリッド2に交換。これは良いものだ。

time 2017/11/10

またもやiPhone7で使ってたケースSpigenネオ・ハイブリッドが壊れたので、新作ネオ・ハイブリッド2に交換してみました。これは良く出来ています。個人的に現状最高のiPhone7/8向けケースだと思っています。

sponsored link

Spigenネオ・ハイブリッド破損、再び・・・

もう何度目になるでしょう。またiPhone7で使っているSpigenネオ・ハイブリッドが壊れました。

このケースはTPU素材(要するにゴム)の本体とポリカ―ボネート素材(要するにプラスチック)のバンバーを組み合わせたハイブリッド構造で、高い保護性能と美しいデザインを両立させた個人的に最高のiPhoneケースなんです。もう何代にも渡って使っているんですが、いつもこのバンパー部分が割れるんです。

このLightning端子部の周辺が薄くなっているためとにかく割れます。以前はサイレントスイッチ周辺も弱かったんですが、こちらはいつかのバージョンアップで改善されてかなり割れにくくなっています。一方でLightning端子部はやっぱり弱い。構造上この部分は強度を上げるのが難しいようで。

仕方がないのでケースを交換することにしました。

Spigenネオ・ハイブリッド2が登場していた

もちろん、買い換えるケースはやっぱりネオ・ハイブリッドと決めていたのですが、ふと、会社の同僚が良く似ているけどちょっと構造が違うケースを使っているのを見かけました。デザインはネオ・ハイブリッドなんですが、ちょっとケース下部の構造が違う。

もしやと思って調べてみたら、なんとニューバージョン「ネオ・ハイブリッド2」が出ているではありませんか。早速、これを買ってみることにしたですよ。

『Spigenネオ・ハイブリッド2』

早速Amazonで購入。家に居なくても郵送でポスト投函されるのは助かります。ホントにすぐ届きました。

パッケージは相変わらずそっけないです。もう、分かってるだろ、というような風格すら感じます。

あまり気にしていなかったのですが、iPhone7とiPhone8ってサイズ一緒なんですね。訂正シールで両方対応ってなってました。間違える心配はありません。

ニューバージョンなんですが、ぱっと見たところでデザイン上の違いはあまりありません。一点、下部のLightning端子周りの構造が違うのが分かると思います。グルッと取り囲むようなバンパー構造ではなく、背面に避けるような構造になり、ウィークポイントである細い箇所が無くなっています。これなら破損の心配も無くて安心です。

Spigenネオ・ハイブリッドと比較してみた

折角なので、ネオ・ハイブリッドと細かく比較してみました。

特徴的なLightning端子周りの構造の違いです。こんな感じで、バンパーが背面側に避けています。お陰で細い部分が無くなって破損の危険性が無くなったと。デザイン的にも無理なバンパー部の「避け」が無くなってスッキリした印象ですね。

サイレントスイッチ周りもほんのちょっと広くなっています。ほんのちょっとなので、これでそんなに効果あるのか?と思うくらいですが、はっきり言って物凄く操作感が良くなっています。

ただここの穴が広くなると、当然強度が落ちることが懸念されるんですが、そこもぬかりなくプラスチックがちょっと太めになっています。流石です。

下部のバンパーまわりの構造ですが、背面側にただ避けるだけだと「スポッ」って後ろに取れちゃいそうなデザインなんですよね。でもそこはちゃんと突起があって、ズレて外れるようなことがないようになっています。

写真では分かりづらいですが、左右の真ん中辺りにもツメが追加されています。ネオ・ハイブリッドではバンパー側にはこのようなツメや凹みの構造はなくて、本当にはめるだけの構造だったのですが、ネオ・ハイブリッド2ではデザインの都合もあってか、こんな感じでしっかりと固定できるようになっています。非常に好印象です。

Spigenネオ・ハイブリッド2を付けてみた

iPhone7に取り付けてみました。ネオ・ハイブリッドは構造上、若干バンパーがきつくて付け外しが大変な感じだったのですが、ネオ・ハイブリッド2はバンパー下部の構造が変わったことで若干楽になっています。多少、両サイドのツメが折れそうで気にはなります。

見た目は代わり映えがしない感じ。でもやっぱりデザインは美しいです。

もちろん背面もいつも通り。流石に下部のバンパーの主張はちょっと増した感があります。

iPhone7を入れた状態で下から見るとこんな感じになっています。これならバンパーが割れる心配は無いですね。素晴らしいソリューションだと思っています。

やっぱりSpigenネオ・ハイブリッド2は良い

付け替えて一日使ってみた感じとしては、まぁ、ネオ・ハイブリッドから何か変わったというところは無いです。バンパーデザインが美しいのも変わらず。持った感じも悪くない。さすがにデカい印象はありますが、高い保護性能による安心感には代えがたいです。

一点、ほんのちょっとだけ広くなった感じのサイレントスイッチ周りですが、このちょっとした変化で非常にサイレントスイッチの操作がしやすくなっています。ネオ・ハイブリッドでは、ちょっとスイッチが深くて爪を立てる感じがあったんですが、ネオ・ハイブリッド2になって若干解消された感じ。そもそもサイレントスイッチが小さいので、こんなちょっとした変化でも大きな操作感の違いに繋がっています。

Spigenネオ・ハイブリッドシリーズはもう何代も使っていますが、世代が変わるたびに確実に進化しているのが好印象です。今回「2」になって、大きくバンパーのデザインが変わったことで、ぐっとバンパーの耐久性も増しました。もう『iPhoneケースはSpigenネオ・ハイブリッド2一択』ってくらいにオススメしたいです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ