しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iPhone SEレビュー続報。3ヶ月ほど使ってみて見えてきた、iPhone SEのマルとバツ。

time 2016/09/10

さて、iPhone SE。5月にかなり苦労して(待たされて)入手した機種です。使い始めて3ヶ月(もうすぐ4ヶ月)経ちますので、ここまでの使用感のまとめと、良かった点、悪かった点を纏めておきたいと思います。

iPhone SEレビュー。届いた、動いた!

sponsored link

iPhone SEロングレビュー

丁度、iPhone 7が発表&予約開始して、iPhone SEの値段も下がったところで、購入、機種変更を検討している人も増えて来ていると思いますので、私が実際に、au iPhone SEを3ヶ月ちょっと使ってみた感想です。キャリアがauである、ってところは一つのポイントです。

th_IMG_2066

◎ 申し分無い処理性能

iPhone SEはコンパクトなボディに当時最新のA9プロセッサと2GBメモリ(非公開)を搭載した、まさに「羊の皮を被った狼」状態の端末です。

この、2GBメモリというのが結構ポイントで、流石にメモリ管理に強いと言われるiOSでも、昨今の大型化したアプリをドライブするには1GBのメモリでは辛い状態でした。具体的には、iPhone 6 Plusでは、ゲームやってて、攻略サイトをブラウザで確認して、ゲームに戻ると、リロード・リスタートされている、ということが結構頻繁にあった。当然、複数のゲームアプリをバックグラウンドに走らせておくなんてのも難しくて、結構ストレスが溜まる状態でした。

iPhone SEではそんな不満はすべて解消されています。ほぼ、バックグラウンドでプロセスがちゃんと残っている。もちろん、iOSのバージョン・アップもその後何度か行われているので、その効果もあるかもしれませんが、それだけでは無いと確信できる程度には安定度が増しています。

A9プロセッサも充分高速で、非常に快適にアプリが動きます。Touch IDのバージョンが古いとか言われていますが、指紋認識の反応速度が相応に速いので、精度は兎に角、ロック解除等の待ちのストレスも一段階低減された感じ。とにかくキビキビと良く動く印象です。

この高速性と安定性こそが、この端末最大の魅力の一つです。

○ コンパクトボディ

iPhone SEはiPhone 5のデザインを踏襲した、”古き良き”コンパクトボディになっています。重さも120gを切っており、持っていても、ポケットに入れても邪魔にならないサイズです。きちんと片手で操作できるっていうのは、やはり快適性が高いです。ランニングやお散歩に持ち歩くにも悪くないサイズです。

正直、ケータイはある程度の大きさで、画面の情報量が欲しいと思うことも少なからずあるわけですが、iOSの洗練されたUIも相まって、使用感はすこぶる快適です。このサイズ感はやはり捨てがたいと感じています。

ちなみに、個人的には、液晶画面がフラットなので、保護フィルム・強化ガラスが貼りやすい、というのも、ポイントの高いところです。

○ 電池持ちも悪く無い

電池持ちはまぁアプリの使い方によっても変わってくるのでなんとも言えませんが、最も電池を消費する液晶サイズがコンパクトであること、そして技術の進歩も相まって、電池持ちも悪くありません。

ボディのコンパクトさも手伝って、兎に角普段使いに困らないパッケージングになっていると思います。

△ 画面の大きさについての懸念

ここから、若干ネガティブになりますが、画面の狭さが気になることが多少、あります。Retinaの4インチディスプレイって、情報密度が非常に高いので、たまに画面上のボタンが押しにくい、入力フォームが選択しづらいUIに出会うことがあります。

iPhone 6以降、iPhoneのメインとなる画面サイズが、4インチ超となっていることは紛れも無い事実なんです。それを前提とした画面デザインとなっているアプリも当然増えてきています。そういったアプリの中には、どうしてもRetina 4インチ画面では、UIがチマチマした印象となり、なかなか思ったところがクリック出来ないものとかがあると。

もちろんすべてのアプリがダメってわけではありません。ちゃんと画面サイズを意識してデザインされたアプリもあるし、4インチでも普通に使えるもののほうが圧倒的に多い。でも一方で、そうじゃないものも少なからず存在します。ドット密度高すぎて、もはや字が読めないゲームとか(私が老眼始まっている、という噂もありますが)。

この辺は、所謂画面サイズの進化の方向性というか、そういった流れの中での4インチディスプレイの位置づけとして、結構難しいところかな、とも思います。4インチなんて、もう「消えゆくサイズ」だと、誰もが考えていたんじゃないかと思うし。若干、この辺、Appleの製品戦略の”乱れ”にも似た事情が垣間見えて残念なところです。

△ 意外に狭い64GBストレージ

これは完全に使い方の問題として、ですが、少なくとも私には、64GBストレージは手狭な感じになりつつあります。iPhone 6 Plus 128GBを併用しているのが災いしているのかもしれませんが、ミュージックライブラリが大きくなりすぎて、ついに先日、ストレージが溢れました。

仕方がないのでiCloudミュージックに移行したのですが・・・使い勝手がイマイチ・・・。アートワークの同期だけでも一発で行くようになんとかしてほしいんですがね。

私はミュージックライブラリで溢れましたが、動画等をiTunesで同期している人とか、やっぱり64GBは手狭に感じるんじゃないかな、と思います。昨今アプリも大型化していますので、意外と・・・でもないかな、やっぱり64GBは狭いと感じることが出てくると思います。

△ au限定?Wifiが使えない・・・電波が弱い・・・

おそらくau限定事象ですし、未だ自分の設定が悪いのかな、と思いつつ、書きますが、比較的、au Wi-fiが繋がりません。繋がらないというより、繋がったあと、通信できないケースが散見されます。Wi-fiアシストを切ったところ、かなり改善されましたが、それでもダメなことが多いような・・・。無線側の対応周波数についても、スペック上は遜色ないレベルと言われていますが、実体感としては、以前Xperiaでは問題無かった場所でiPhone SEでは電波が掴めないケースを確認しています。

個体差とか、端末の「調子」の範疇もあるので、一応、ここはFYIな情報としてですが、若干、電波面では、au iPhone SE、怪しい、と感じています。

追記。PRL更新(*5050)したら、なんか状態良くなった気がしますが・・・PRL更新はされてないんですがね。

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-15-02-47

なんか更新されたのかもしれない気がします。確かに、この端末持って北京行ってたりしたので、その影響もあったのかなぁ、と。

【2016/10/8】解決したらしい。VoLTE設定だった模様。

au iPhone SEの通信不安定はVoLTE設定が原因だったらしい

総括 総じて完成度は高いオススメ端末

いろいろ書いてきましたが、結論からいうと、iPhone SE、良い端末だと思います。コンパクトで速くて綺麗。期待を裏切らない端末だと断言します。やっぱり128GBモデルは欲しかったかなぁ、というところだけ惜しいと感じていますが、普段使いに丁度いいスマホに仕上がっていることは間違いありません。今なら、iPhone 7が発表されて値段も安くなっていますし、オススメ度高しです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ