しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

夏のドライブのストレス軽減。マジで試してみてほしい俺的虫汚れ対策。

time 2017/05/29

夏のドライブ、特に夜のドライブの風物詩といえば、そう、虫汚れです。今回は、最近私が常用している虫汚れ対策を書いておこうと思います。これ試して見てほしいです。

sponsored link

虫がぶつかる

夏のドライブの大きなストレスの一つ、それが虫です。特に夜の高速を走ると、フロントバンパーは羽虫だらけ、フロントガラスにも何だか良くわからない虫の体液がスジになって残っていたり、と、なかなかに悩ましい状況が起こります。

しかもこれがタダの汚れではなく、有機物なので、洗車機ごときでは落ちなかったりします。仕方なく、傷をためらいつつも、ゴシゴシ、と落とさないと、シミや跡になったりするので厄介です。

専用のケミカルやクリーナー(シート)もありますが、これはこれで塗装面へのダメージが気になるところ。必ず「すぐに水洗いしてね」とか書いてあるし、ちょっと怖い。

困った、困った・・・と思っていたのですが、最近、ちょっと思い立って試していることがありますのでご紹介。これ、結構落ちます。

俺的対策

ポイントは2点。なるべくすぐに落とすこと。そして車体などのパーツにダメージの少ない方法であること。じゃぁどうやって落とすか、となる訳ですが、簡単な話、”ふやかして”落とせば良い。

という訳で、私が最近車に常設しているもの、ズバリこれ。

水入りスプレーボトルとティッシュ。水かけて掃除すれば綺麗になる、ってことではありません。使い方がポイントです。

いい感じで虫が付いたサイドミラーをサンプルに、お掃除してみます。

はい、こうして、”ふやかします”。ティッシュペーパーでもキッチンペーパーでも良いので、虫が付いたところにかぶせて、上から水を拭いて密着させます。このまま放置して、虫をふやかして落とすのです。

普通に水をかけただけだと、水分がムラになったり、流れ落ちちゃったりして、なかなか虫がふやけないのですが、こうすると、かなりしっかりと汚れをふやかすことができます。お掃除のテクニックとしては常識なんですがね。当然これが虫にも有効です。

あとはティッシュと一緒に汚れを拭き取れば完了。

これで完璧に綺麗になるか?というと、なかなかにしつこくこびりついたものは難しかったりするんですが、だいたいの虫汚れはこれで落とせます。何しろティッシュと水入りスプレーボトルなら、車に常備するのも簡単なので、汚れた、と思った時、速やかに作業できるのが最大のメリット。特にガラス面にへばり付いた「良くわからない汚れ」なんかもこの方法だと綺麗に落とせます。

スプレーボトルはマジ便利なので、是非とも車には常備しておいてみてほしいです。汚れに気づいた時に、さっと洗い流せるのはとても便利だし、車へのダメージも避けられます。いきなり汚れた車体をクリーナー(シート)で拭いたりしたら、傷が付く可能性も高く、場合によっては汚れを塗り広げる結果になることもあります(だいたい、塗り広げちゃいます)。とりあえず水で洗い流す、っていうのができると。

もうね、この対策をするようになってから、夜のドライブが苦にならなくなりました。あー、汚れた、と思ったら、パーキングや道の駅で、さっとお掃除。ドライブ後の洗車前にも、さっとお掃除。これだけで、汚れの残り具合がまるで違います。

ぜひ体験してみてほしい

以上、俺的虫汚れ対策でした。全然たいしたことじゃないんです。でも、ワタクシ個人的には、この方法を確立したことで、ものすごくストレスフリーになりました。もうスプレーボトル持たずにはドライブ出かけたくない、って思っています。是非、試してみてほしいと思います。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ