しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

MacBook ProのトラックパッドフィルムをMaxKu製フィルムに変更。これオススメ。

time 2017/04/05

MacBook Pro Late 2016のトラックパッドフィルムをミヤビックスのフィルムからMaxKuのフィルムに張り替えました。Amazonではミヤビックスのフィルムがベストセラー(2016/4時点)ですが、個人的な使用感はMaxKuのフィルムのほうが良いです。

sponsored link

トラックパッドフィルムに違和感が

MacBook Proのトラックパッドフィルムはミヤビックスのフィルム使ってました。

MacBook Pro Late 2016ファーストインプレッション。届いてから動くまで。

このフィルム、しばらくAmazonではベストセラーだし、ブランドにも信頼感があって購入したんですが、どうにも「ザラザラ感」があって、それでも違和感を感じつつ使っていたんです。まぁいつか買い換えようかなぁという感じで。

きっかけは数日前。古いMacBook Proを久々に触ってみたところ、今使っているMacBook Proに比べて非常にトラックパッドの感触が良いことに気づいてしまいました。こちらはパワーサポートのフィルムを使っています。

やっぱりパワーサポートのトラックパッドフィルム最強なんですよ。全く操作感が違うので、これはやっぱりミヤビックスのフィルム、ダメかも、と思ってしまい、買い換えることにしました。

でもね、新しいMacBook Pro向けのフィルムが未だ出ていない(出る気配もない)んですよね。でもまぁ高いものではないので、なんとなくケースの印象が良かったMaxKuのフィルムを買ってみることにしました。

MaxKuトラックパッドフィルム

買ったのはこれです。

2枚入りでお得。貼り付け失敗しても安心、ってくらいの気持ちで。評価はミヤビックスと同じくらいのレートですね。郵送ですぐ届いたので良かったです。

・・・相変わらずデカいパッケージで届くなぁ。Amazon・・・。

やっぱりパッケージは普通のトラックパッドフィルムのサイズですのでね。うーん。

同梱物はさもありなん、って感じ。悪くないです。スマホ用のフィルム張替えセット(ホコリ取りや脱脂クリーナー)が付いているのはお約束。フィルムは両面剥離シート付きです。どっちから貼るんだっけ、って一瞬面食らいます。サイズ感もピッタリな雰囲気だし、作りも悪く無さそうです。

貼り替え、感触良好!

早速貼り替えます。

コレ一応張替え前。まずこれを剥がすのにちょっと苦労しました。スマホの保護フィルムみたいに、セロハンテープで一発かと思いきや、このフィルムは表面がサラサラなので、粘着力が弱くて剥がせません。結局、隙間の角から、ハサミやカッターなど、細いもので軽く引っ掛けてあげると簡単に剥がれました(傷つけないように注意が必要です)。

張替え後。あー、全然見た目は変わらない・・・(汗)。サイズ感もピッタリなので、位置決めも難しくないです。どうせトラックパッドフィルムなので、多少、ホコリが入っても気にしないことにする(苦笑)。

で、使用感ですが、個人的な感覚としては、MaxKuのフィルムのほうが全然感触良いです。ミヤビックスのフィルムで感じられたようなザラザラと引っかかる感じも無くて、自然に操作できます。かと言って、ピカピカのペタペタでもなく、絶妙な滑り感があって、使用感は悪くないですね。あーでも、パワーサポートのトラックパッドフィルムの、絶妙な凸凹感にはやっぱり及ばないかなぁと思います。あの感覚は格別として、このMaxKuのフィルム、非常に好印象です。ってゆっか、ミヤビックスのフィルムがね、あれやっぱ感触良くなかったんだなぁと感じます。

Amazonの評価も良し悪し

今回分かったことは、やっぱり最終的な良し悪しは使ってみないと分からないってことですね。当たり前といえば当たり前なんですが、レビューや評価もいろいろだし、売れているからと言って自分にとってベストとは限らない。もちろん、高い評価を得ているということはそれなりに理由はあるんでしょうが、そればかりに頼ってしまっても、やっぱりダメなのね、ということを痛感しました。

あくまで個人的な感想として、ですが、売れてるミヤビックスよりもMaxKuのトラックパッドフィルムのほうが、操作感、良好です。ミヤビックスのフィルムのザラつきに違和感を感じているMacBook Pro使いの方には、このMaxKuのフィルム、オススメ。パワーサポート使ってたことがある方なら、この辺の感覚は分かるんじゃないかなぁと。

やっぱりこういう手に触れるパーツは、選ぶの難しいです。こういうアイテムこそ、店頭で実物触って確かめたいんですがね。なかなかそういう機会、無いですよねー、と思ってみました。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ