しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iPhone用のLightningケーブルを新調。意外に安くないサードパーティケーブル。

time 2017/09/04

長らくiPhone付属のLightningケーブルを使っていたのですが、すっかりくたびれてしまったので新調しました。しかしサードパーティLightningケーブル、高いです。

sponsored link

Appleのケーブル品質の話

さて、みなさんはiPhoneやiPadの充電ケーブルは何をお使いでしょう。だいたいは本体付属のLightningケーブルをお使いかと思います。ただ、この本体付属ケーブル、意外に耐久性が無い印象があります。

Macのアダプターケーブルもそうですが、Appleのケーブルって総じて耐久性に難ありと個人的には思っています。MacもiPhoneも買い替えサイクルが伸びたことが関係するのかもしれませんが、本体同梱ケーブルだと、本体買い換えるまで使い続けられないという事態になりがちです。なので、MacBook ProがリニューアルされてUSB-Cになったことで、社外ケーブルが使えるようになったのは個人的には非常に嬉しいことだったわけで。

MacBook Pro Late 2016用に短いUSB Type-C PDケーブルを導入

そんな訳で、長く使っていたiPhone充電用のLightningケーブルがすっかりくたびれてしまっていました。

典型的な破損パターンとして、コネクタ付近の皮膜が破れたりボロボロになったりしますね。さらにこのケーブルは端子部も剥げてきていて、ある方向でiPhoneに刺さないと上手く充電できないなんて状態になっていました。

こんなことでストレスを感じるのも生産的ではないので、サードパーティ品を新調することにしました。

ケーブルって意外に高い

という訳でヨドバシに買いに行ってみたわけです。店頭で物色してみて分かったんですが、これ意外にケーブルって高いんですねぇ。ヨドバシだからってのはあったかな。

数百円で買えるものかと若干甘く見積もっていたのですが、強靭さを謳うケーブルだと軽く2000円を超えてきます。USB-Cも同じような値ごろ感なんですね。ケーブルってこんなに高かったっけ、と一瞬戸惑う。あるいは、やっぱり単体のケーブルとして商品化するとなると、曲げ強さとかいろいろ付加価値付けて単価上げることになるのかなぁ、とか、まぁいろいろ思うところはあった訳ですが、逆に考えれば、流石にApple純正みたいなヤワなケーブルは無さそうってことで、安心感もあったり。

そんなに強さもブランドも求めないので、とりあえずそれっぽいケーブルを買ってきましたさ。

・・・それでも「強い」って書いてあるけど(苦笑)。

ちょっと取り回しずらいけど

メッシュ構造の高耐久ケーブルってことで、コネクタ部から全体に強度が高く出来ていて、非常に安心感の高い仕上がりです。もちろん普通に充電とかできます。

ただ、この高耐久構造が災いして、ちょっと取り回しがしずらかったのは想定外でした。要するにねじれないんです。特に今回、短いケーブルを選んだこともあり、さらに取り回ししづらいという状態。実用上、さほど困ることではないんですが、ケーブルの強度が増すとこういう不便な点も出てくるということを学びました。

という訳で、意外にLightningケーブルが安くなかったなぁというお話でした。もちろん、ボロボロの純正ケーブルを使い続けるのに比べれば遥かに快適だし、ケーブル破損の懸念も減ったので、買い替えて良かったと思います。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ