しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iPhone 7 Plusに「カメラ保護ガラスフィルム」を付けてみた。

time 2016/10/24

iPhone 7 Plusの大きなデュアルカメラを保護すべく、「カメラ保護ガラスフィルム」を貼り付けてみました。いろんな意味で大変でしたが・・・。

sponsored link

iPhone 7 Plusにカメラ保護ガラスフィルムを付けよう

iPhone 7 Plusはかなり大きなデュアルカメラが背面に付いているんですが、流石にこれ、ケースだけでは守りきれそうにありません。今使っているSpigenのネオ・ハイブリッドも、カメラ回りは相当目立つ形で盛り上がっていて、一応、直接カメラが机等に触れることが無いようになってはいますが、やっぱり何か当たりそうで怖いです。そもそもこのカメラ・レンズ自体、サファイヤグラスだから強度的にも大丈夫、って触れ込みではありますが、そんなの信用できません(苦笑)。守れるものは守りたいのです。

という訳で、iPhone 7 Plusのデュアルカメラ用のカメラ保護フィルム、できればガラスフィルムを探してみたわけです。

Amazonで買ってみた。初めての中国出荷。

早速、Amazonで「カメラ保護フィルム」を探してみたわけですが、私がこれを探していた9月下旬時点では、あまりモノがありませんでした。仕方がないので、とりあえず目についたコレ買ってみたわけです。

購入時点では、一応、「在庫あり」表示だったんですがね・・・。その後届いたメールを見ると・・・

こちらの 商品は海外からのお取り寄せ商品となっておりますので、
お客様の元へお届けするまで に通常ですと7日~12日程お時間を頂いております。
他の不明点がございましたら、ご遠慮なく問い合わせください。

あれあれ。在庫ありじゃかなったっけ・・・?確かに、到着予定日は遅かったけど、意外にAmazonはそこから短縮されることも多いので、あまり問題に思ってなかったんですが。しかもこれ、中国からの出荷です。中国は10月上旬は国慶節で、いろんなものが止まります。という訳で、こりゃ時間かかるかな、と思いました。とは言え、これ以外にカメラ用保護フィルム見当たらなかったので、気長に待つことにした、と。

そして結局届いたのは、10/20。えーと注文が9/24なので、3週間、っていうか、ほぼ一ヶ月。深センから上海、川崎と渡ってきたようですが、国慶節で深センで足止めされ、その後中国を出るまで結局3週間くらいかかって、そして日本に着いてからは1日ですね。日本すげーって感じ(苦笑)。

いやー、次回、海外、特に中国からの発送って言われたら、キャンセル考えよう、と真面目に思いました。海外直販でもここまで遅いことは過去経験が無いです。てゆっか今回、郵便(CHINA POST)だったから遅かったってのもあるのかなぁ。Fedexとか、そんなに遅い印象無いし。それこそDellのBTOとか、もっと早いよね。普通に。うーん。

この製品じゃないですが、なんだかネットで見ると、海外発送の場合、そもそも届かないってこともあるみたいなんで、届いただけ良かった、ってことか・・・って、そんなんじゃ困るんですがね。

ちなみに、海外からの郵便小包だからかと思いますが、これポスト投函してくれないんですね。不在票が入ってました。ただ、不在票の差出人欄に「外国」って書いてあって衝撃を受けました。解読するのを放棄されたらしい。実物見たら、確かに読解困難で、「外国」って書きたくなった気持ちが分かりましたがね。

凄いパッケージで届いたけど、モノは普通。

という訳で、土曜日にやっと受取に行けましたよ。

th_img_1069

あ、あの、クシャクシャです。いや、決して私が受け取ってからクシャクシャにしたわけじゃないです。クシャクシャです。しっかりプチプチが入っている気配なので、中身は大丈夫だと思いますが・・・中国の郵便物の扱いってこんなもんかー、と。ちなみに、この背面シールですが、良く見ると、「中身確認するかもね」とか書いてるんですよね。海外便なので、普通ちゃあ普通かとも思いますが。

で、開けてびっくり。

th_img_1070

パッケージも何も無い。何かが、プチプチに包まれている。いや、これ箱から出したとかそういうのではなく、本当に、この状態で封筒に収まっていたんです。びっくり。

th_img_1071

中身を取り出してみたところ。うーんと、脱脂クリーナーとダストリムーバーは、これ、スマホ用ガラスフィルムの付属品の使い回しですね。ガイドステッカーとか使わないから。ピンセット付いてるのは、確かにこれ、細かい作業になるんで、なるほど親切かも、と思いました。

th_img_1072

ガラスフィルム本体はそもそも小さなパーツですので、このようにプラスチックのケースに収められていました。これなら多少粗雑な扱いを受けても割れたりヒビが入ったりしないですね。

Amazonのレビューを見ると(※これ、注文した当時はこんなにレビュー無かったと思うぞ)、かなり評価の低いモノがあり、中には、割れてた、ヒビが入っていた、なんてものもあります。写真を見ると、パッケージングが異なるものが見受けられ、おそらく、僕が受け取ったこのパッケージングなら、輸送中に割れたりすることは無いですね。そういう意味では、”当たり”だったのかな、と思いましたが・・・いや、当たりはずれの問題じゃないだろ、ってところ。

ガラスフィルム自体は悪くない

早速貼り付けてみます。これ、一応ガラスフィルムなので、割れたりしないよう取扱には気を使います。てゆっか、ピンセット便利。

th_img_1073

とりあえず、粘着面のフィルム剥がす前に、位置合わせして大きさなど確認してみます。サイズ的には超ピッタリです。これね、液晶保護フィルムみたいに、粘着面フィルムがピッタリのサイズで張り付いているんではなく、四角いガラスフィルム+粘着面フィルムを、カメラのサイズで切り抜いた(切り込みを入れた)形になっていて、つまり、「型抜き」する感じでフィルムを剥がす感じになります。そういう意味でも、ピンセットはほぼ必須ですね。

あとは普通に、ダストリムーバーでカメラ部のホコリを取り去り、アルコールシートで脱脂して、ドライシートで拭き取って、ガラスフィルムを貼り付けました。粘着力がそれほど強くないのと、ガラスフィルムが軽量なことも手伝って、置いた瞬間に自己吸着するようなことはなく、ズラして位置決めが可能です。ピンセットでつつきつつ、位置を決めて、決まったところで、ピンセットでセンターをグッと押すと、吸着します。あとは、外に向かって、空気を逃がすように、力を掛けていけば、どんどん吸着していくと。基本的には液晶のガラスフィルムなんかと同じなんですが、自己吸着しないので、きちんと貼り付けるようにする必要があると。なので、位置決めはやりやすかった印象があります。ピンセットは便利です。

th_img_1074

仕上がりはこんな感じ。全く、貼ってあるように見えませんが、よく見ると、カメラの周囲に若干の段差が見えるかな、と思います。

当然ながら、カメラの使用感に差もありません。ただ、前述の通り、ガラスくり抜きで生成されているため、多少、角が立っている感じがあります。そもそもガラスフィルム自体が薄いので、あまり気になるレベルではないです。もしかしたら、長く使っていると引っかかって剥がれてくるかな、という懸念は無くも無いです。Amazonのレビューを見ると、粘着力が無いとかいう声もありますが、きちんと吸着させれば、剥がれることは無さそう。これもどちらかというと、輸送中に水被ったとか、そういう影響があるのかもしれません。

これでカメラも保護されて安心だけど・・・

これで無事、カメラもガラスフィルムで保護されるようになりました。良かった、良かった。って感じなんですが、うーん、もし今から買うとしたら、やっぱり国内に在庫があるものとか、もうちょっとちゃんと調べて買うかなぁ、という感じですね。

と、ざっと見た感じでこれくらいモノも増えてきているので、よく選んで見ることをお勧めします。出品者に発送元を確認しちゃって良いと思います。

モノとしては、多分どれもそんなに変わるものでは無いと思います。カメラレンズ部がそもそもそんなにサイズが大きなものでもなく、曲面になっているわけでもないので、サイズ的にそれほどシビアなことは無いです。ただ、「シビアではない」っていうのは、サイズがピッタリってことでもあるわけで、小さい分、位置決めが難しいということでもあるんですがね(いや、保護フィルムなんて、そもそも位置決めが簡単なものなんて世の中に存在しませんから)。どれを選んでも、きっちり保護できるんじゃないかと思います。

特にiPhone 7 Plusの大きなダブルカメラの保護に不安のある方には、カメラ保護ガラスフィルムはお勧め度高いです。ただし。結構ニッチな製品でもあるので、発送元など、製品の取扱の塩梅については、事前によく確認したほうが良いと思いますよ、という感じで。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ