しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

XVハイブリッドにハンドルカバーを装着。ステアリングの滑り解消。

time 2017/05/15

XVハイブリッドにハンドルカバー付けました。本当は付けたくなかったんですがね、ステアリングが滑るんですよ。仕方ないのでハンドルカバーで解決したんですが、当然ながら滑らないステアリングはとても快適です。

sponsored link

XVハイブリッドのステアリングは滑る?

XVハイブリッドに乗り換えてはや5ヶ月です。いい加減、新しい車にも慣れてきたんですが、一つだけ、気になる点がありました。そう、ステアリングが滑るんです。一応、本皮巻のはずなんですが、こんなに滑るんだっけ、っていうくらい滑る。正直、いろんな操作で妙に力が必要で、密かに苦痛でした。

でもね、これはこういうものなので、慣れなのかなぁ、と実は思っていました。しかしながら、気になってネットで調べてみたら、LEVORGとか、意外にスバルのステアリングで滑るっていう声、あるんですね。おお、俺だけじゃ無かった、と、安心しました。

いや、安心してもしゃーない。これは解決しなければ。という訳で、ハンドルカバー購入決定。

ちなみに、解決策はハンドルカバーだけじゃないです。ステアリング自体を交換することも可能ですし、編み込み型のレザーカバーみたいなのもあります。ただ、いずれも高かったり面倒くさかったりするので、まずはハンドルカバーをポン付け装着してみて、感触を確認したいなぁと思ったのでした。

ハンドルカバーを選ぶ

ところで、実は前車RB2でも一頃、ハンドルカバー付けてました。RB2はステアリングが比較的細身で、これもなかなかに操作感が微妙だったので、これを解決するためにハンドルカバーを使っていました。ただ、最終的にはやめたんですよね。なんていうか、ハンドル操作にダイレクト感が無くなる気がしたんです。気になって外してみたら、やっぱり無い方が良かったので、最終的には外したと。そんな経緯もあって、XVハイブリッドでは、ハンドルカバーは付けたくなかったんですがね。

あと、ハンドルカバーって、なんていうか、キャラクターモノとか派手なものとか多くて、あまり印象が良くないという。これは完全な私の偏見なんですが、やっぱりドレスアップパーツなのかなぁと思うところもあり、機能性に特化したハンドルカバーってのがなかなか無いというのが悩みです。機能を求める人はステアリング変えちゃうんだろうなぁ。

と、そんな懸念やら悩みならありつつ、とにかく、滑るステアリングを何とかするために、ハンドルカバーを選びました。

ネットで調べてみると、「HASEPROハンドルジャケットNEO」がなんだか評判良さそうです。

流石に現物見ないでアマゾンで買うのも怖いので、近くで在庫のあったオートバックスで実物を確認。てゆっか、これ高いな。

でもこれ結局やめました。ハンドルカバーの上下の部分がテカテカしたビニールっぽい素材(なんていうんだろう)なんですよね。これが僕、嫌いなんです。安っぽいと言うか、なんというか、苦手。操作性重視なので、柔らかめのゴム素材が好きなんですよね。

という訳で、オートバックス店頭でいろいろ選んで、これにしました。

とにかく操作感を重視して、ゴム素材っていうか合成皮革をベースに、キラキラピカピカしたデザインの無いもの(目障りだしフロントガラスに映り込みそうだし)を選んでいます。そんなに高いものでもないので、飽きたら買い換えるかーくらいの感じです。サイズはSサイズです。ちなみに、店舗にもよるかもしれませんが、オートバックスのほうがアマゾンより安かったです。

XVハイブリッドにハンドルカバーを付ける

早速取り付けてみました。

青ステッチで正解でした。全体的なインテリアとのマッチングも悪くないです。流石に太い。

素材は両サイドが合成皮革で手に馴染む感じがあります。上部と下部はポリ塩化ビニルなんですが、カーボン調になっていてビニール感が無いのが良いところ。デメリットとしてこの上下部分が流石に若干滑る感じがありますが、それでも元のステアリングよりはグリップ感は高いです。

地味なので、あまり付けている感が無いのが良いところ。流石に太いので分かりますがね。

操作感は良好

さて、問題の操作感について。

まず、太い。ハンドルを握った感じがね、やっぱりこの太さには慣れが必要かなぁと思います。全体に、運転感覚も”大味”になるんですよね。これがハンドルカバーの苦手なところなんですよね。太いのが好きな人には良いのかもしれませんが・・・慣れが必要かな、と。

で、肝心の操作感ですが、ステアリングのグリップ感がよくなって、とてつもなく運転しやすくなってしまいました。ステアリングが滑らないって、こんなに快適なんだ・・・と再認識したと(いや、それが普通だから)。とにかく、一つ一つのハンドル操作に無駄な力が要らなくなって、快適かつ楽ちんになりました。ああ、もっと早く付ければ良かった、と素直に思ったです。

嬉しくなって、軽く温泉ドライブに出かけて、本栖みちから道志みちまで山道を運転してみましたけど、とても運転が上手くなった気がしてしまった(苦笑)。今まで、こういうカーブの多い道で、どうにも思ったライン取れなくて、なんとなく怖い感じがあったんですが、これ付けたら全部払拭されました。これ、原因は「滑るステアリング」にあったことが判明したと。バックする時などの、所謂「押し回し」みたいな操作も楽になったし、いやもう、良いことだらけです。

これね、ステアリングがちょっとでも滑るって感じてる人は、是非ハンドルカバー付けて見てほしいです。ステアリングの操作感って、やっぱり大事なんだなって実感できます。ホント、オススメですから。特に、最近のスバル車(苦笑)。

なんかハンドル(カバー)選びが楽しくなってしまった

でね、そうすると、だ、欲が出るわけです。ステアリング変えたら、もっと快適なんじゃないか、とか、もっと薄地の編み込みカバーだとダイレクト感もあって良いのかな、とか、思っちゃいますよね。なんかいろいろ試してみたくなってきた。いやぁ、ステアリングって、奥が深いなぁ、という学びのあった、ハンドルカバー装着体験でした。

追記:そして案の定・・・

あ、買っちゃいました(苦笑)。

ステアリングカバーをSPARCO-CORSAスエードに変更。これ良い。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ