しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

XVハイブリッド、フォグランプをLEDバルブに交換。意外に難易度は高いかも。

time 2017/03/22

フォグランプは基本、黄色いのが好きなので、XVハイブリッドのフォグランプを黄色いLEDバルブに交換しました。これ、交換難易度は低いって事になっていますが、実際やってみたら意外に大変でしたよ。

sponsored link

フォグランプは黄色がいい

そもそも、XVハイブリッドのフォグランプは、PSX24Wというタイプの省エネバルブになっており、フォグとしての機能性よりもファッション性を目的としたものになっています。フォグとして使うには明るくないし、色味も昼白色なので、なんとも味気ない仕上がりです。そこで、交換してみました。基本、イエローバルブがいい。

ところが、このPSX24Wという型のフォグバルブがなかなか売ってないんです。以前乗っていたRB2はH11という比較的流通量も多いバルブ形状だったので、普通にカーショップで買った高効率バルブに交換していたのですが、PSX24Wはまずカーショップでは高価なLEDモデルしか見当たらない。普通のバルブで良いんですが・・・。後から考えると、このPSX24Wって電力がそもそも小さいので、普通のバルブで交換してもあまり意味が無いのかな、って思いました。

そこで、みんな大好きAmazonを物色すると、こちらはいろいろあるようです。「眩しすぎる」という評価のものは避けようかなぁと、それくらいの感じで選んで、以下を選択しました。

端的に結論から行ってしまえば、このバルブは『良い選択だった』と思っています。お勧めします。

仕立ての良いLEDフォグバルブ

早速届いたので開封してみます。

なるほど。袋1つにまとめて入ってるので、傷つきそうで気になりますね。そういえばそんなレビューあったな。でもこれ、結構しっかりした袋ですよ。はい。

中身はこんな感じで、普通のLED素子が見えるパターン。ルームランプをLED化していますが、それと同じような感じですので、むしろ安心感があります。結構、作りはしっかりしてる印象。

細かなところで好印象だったのがココ。端子部がちゃんとコーキングされてる。意外にこういうところ、雑なものは雑なことがあるんで、個人的にポイント高いです。

交換難易度は低い、と言われているが・・・

早速交換、行きます。取扱説明書に従い、バンパー下からアプローチになります。ジャッキアップするか否か、ちょっとだけ悩んだんですが、とりあえずジャッキアップせずにトライ!

サイドのマッドガードに2箇所クリップがありますので、これを外します。内張り剥がしやドライバー使えば簡単に外れます。

こんな感じ。金属製内張り剥がしは1つ持ってるととてつもなく重宝しますので、オススメ。傷付きそうなところはプラスチック製、一点突破が必要なところは金属製、と使い分けると良いです。

・・・・これで一応、作業スペースは確保できたことになっているようですが・・・。当然のごとく、こんな状態なので、手探りでフォグランプにアクセスすることになります。何か間違ってるような気がしてきましたが・・・(苦笑)。

外れた・・・。これね、凄く固いです。上下に留め具があるんですが、結構強めに本体グリグリしないと外れてくれません。後で分かったことですが、このゴムパッキン部が、かなりカッチリと嵌っていますので、若干コツが要るかなという印象です。

比較。こんな感じで、そのまま置換できるのが魅力です。精度は高そう。

さて。ここでトラブルです。入らない。何度やっても、LEDバルブ、嵌ってくれないんです。

最初に疑ったのが、LEDバルブ本体の「バリ」。結構バリが残ってるんで、これがひっかかってるのかな?と思って、カッターで削りまくりました。それでも入らない。

そして最終的に、このゴムパッキンを外したら、はめることが出来ました。後で分かったことですが、これ、そもそも固いです。なので、かなりカッチリ嵌めないと嵌まらない、で正解なようです。詳細は後述します。とりあえずこの時点では、ゴムパッキン無しであれば固定できたので、一旦これで付けてみました。

イエローバルブ、綺麗

という訳で、比較です。

ノーマル状態のフォグの見た目です。豆電球が見えます。

LEDバルブ入れるとこんな見た目になる。見た目にも電球感が無くてちょっとカッコいいですね。

ノーマルバルブ。電球色。

LEDバルブ。これね、かなり美しいです。緑がかった黄色。レモンイエローって言うんですかね。凄く綺麗。なんか美味しそうです。

ノーマル夜景。ライトがHIDでポジションがLED化されてるんで、色味としてちょっと残念感がありますよね。

そしてこれがLEDバルブ化後の感じ。素晴らしく都会的な感じが良いです。

で、これ、眩しくないの?ってところですが、私の個人的な感覚からすると、「多少、眩しいんじゃね?」って思ってます。このLED自体、かなり輝度が高いので、正面から見ると結構明るいです。と言っても、『爆光』レベルかというと、上の写真の通り、そうでもない感じです。なかなかに微妙なバランスかなぁという感じですが、その辺も含めて、良く出来てる、って評価したいところ。

総じて、このLEDフォグランプ、お勧めです。値段の割に、って言い方は良くないですが、良く出来ているし、なにより綺麗です。

やっぱり気になるので、ゴムパッキンは装着した

とりあえず、上記の通り、一旦は取り付け完了したんですが、やっぱりゴムパッキン、気になります。防水性が落ちますからね。上にも書きましたが、要するに、このゴムを付けると、はめるの非常にキツイんです。でも、この固さも設計通りなんです。要するに、作業性の悪さもあって、力が入らないというのも一因でして。

試しにジャッキアップしてやり直してみました。結論。これ、最初からジャッキアップすれば良かった、って後悔しました。全然作業性違いますので。あーでも、手探りなところは変わらない。

で、嵌まらないの?って話。このPSX24Wというバルブは、上下に留め具があって、これを押し込むと、なんとかカチッ、カチッっと止まってくれるんですが、ゴムパッキン有りだと、これを嵌めた後、横に揺すったりするとポコッと外れてきてしまうんです。それで、「嵌まらない」と悩んでいたんですが、多分、実際走っているときにこういうショックが与えられることは無いんですね。要するに、外れない。

そしてバルブ部が固いのは仕方ないですし、この留め具についても、『上→下の順ではめると、外れづらい』ことが分かったので、ゴムパッキン付きで取り付け直しました。もし留め具が外れれば、前から見てバルブが曲がった状態になって、外れたことが分かるので、これで様子を見ることにします。おそらく、ですが、これで正しい筈。いや本当は、しっかりバルブを押し込めれば良いのですが・・・リフトアップすれば出来るのかなぁ・・・(苦笑)。

ところで、XVハイブリッド、初ジャッキアップだったので、車体底面を覗いてみましたが、さすがハイブリッド車だけあって、空力対策でしょうか、アンダーカバーがしっかり付いてますね。しかも、センターには高さ5mm程ですが、ストレーキも付いてたりして、なんだか素敵です。

もちろん、これ見たら、アルミテープ貼りたくなりますよね。早速何箇所か貼ってみました。効果は・・・わからん(苦笑)。

安くて良いLEDバルブだ

いろいろありましたが、無事フォグランプ交換完了です。意外に難易度高くねーか?というのが率直な感想です。でもこのLEDバルブ、凄く綺麗でお勧めですよ。ホント。

最後に・・・腕が痛くなったよ。正しいメンテ方法、誰か教えて欲しい。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ