しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

MacBook Pro Late 2016にMaxKu製シェルカバーを付けた

time 2016/12/19

MacBookを持ち歩くとき、どうしても傷つけそうで気になってしまう私。ケースは必須なんですよね。と言う訳で、MaxKuのケースを付けてみました。これ良いです。

sponsored link

MacBook Proにはケースを

本体を傷つけたくないので、やっぱりMacBook Proにはケース必要ですよね。という訳で、物色していたんですが、なかなかケースはラインナップが揃わず、しばらく様子を見ることにしていました。12月に入ると結構ラインナップも揃ってきたので、その中から、MaxKuのケースを選んでみました。

MaxKu?ってなんだか聞いたことない会社だし、大丈夫かな、と思いましたが、いくつかアクセサリも出しているようなので、とりあえずこれで。元々はNEXARYのケースをMacBook Pro Retina Late 2012で使っていたので、これとの比較をしつつ。

ポストに届く素晴らしさ

さて、アマゾンで注文して、いつ届くかなぁ、と思ったら、結構待たされました。これマーケットプレイスなんですよね。アマゾン発送じゃないと、何かと不便です(アマゾン発送じゃないマーケットプレイスなら、楽天やYahooと変わらないという)。

そして、注文から何日かして、届きましたよ。なんとポスト便です。

これ、何が重要かというと、前回、NEXARYのケースは、ポスト投函では無かったんですよね。今回、MacBook Proが小さくなって、ポスト投函が可能になったのかな、と勝手に思っています(パッケージングの問題かもしれませんが・・・)。とにかく、不在通知じゃなくて良かった、と。これ意外に、個人的に重要なんで。

フィッティングは良い感じ

という訳で中身を確認。

うーん、これ、NEXARYに似てる・・・っていうか、ケースなんてデザインは似たようなものになるわな、という気もしないではない。基本的な構造は多分、他のケースも一緒でしょう。若干、塗装に雑なところが見受けられますが、実用上問題無いので無視します(シミっぽく見える程度)。

早速取り付けてみました。

今回はリンゴ穴無しです。そもそも光らないし。こうして見ると、全く洒落っ気無いですが、実用性重視です。一応、リンゴマークは透けて見えてます。

背面はこんな感じ。保護範囲はNEXARYのケースと変わりません。基本的なハード構造が変わっていないため、爪を引っ掛ける場所も変わっていませんからね。

細かなところで、後ろから見ていきます。今回、MacBook Proは薄くなったことで、ディスプレイと本体の隙間も若干薄くなっていて、ケースを取り付ける場合、ディスプレイ側は、この隙間に爪が掛かることになります。薄くなったことで、ここも当然ながら非常にシビアな感じになっています。とは言っても、干渉しないように作られていて問題はありません。本体側の爪がかかってるところは以前のモデルと変わらずです。

前面側です。ここが若干、特徴的なところで、まず本体側。爪があります。本体前面まで回る爪です。この構造は、パワーサポートのエアージャケットと同じ構造で、要するにパームレストの下のほうに爪が出ているということです。これがあまりに大きいと当然ながら気になるんですが、このケースは非常に小さな突起になっているので、ほとんど気にならないレベルです。また、ディスプレイ側の爪も当然、前面側にあるんですが、これが交互に避けるような構造になっています。本体とディスプレイと、隙間が非常に狭いところ、こちらも良く作られてるな、という印象です。

ちなみに、NEXARYのケースの場合、本体側は爪が無いですが、その分、落ちないようにケースがキツく作られており、これが原因か分かりませんが、長期間使用すると、ケースが割れてきます。パワーサポートのエアージャケットは、クリア層が剥げることはあったけど、割れることは無かったので、この辺のケースの耐久性については、要注意というか、あまり期待しないほうが良いのかな、と思っています。

本体横。Late 2016ではインターフェースがかなり減ったため、保護範囲が広くなって安心感は高くなっています。ケースでの保護を考えると、やはりインターフェースは少ないほうが良いわけで。

全体に、フィッティングは非常に良好です。はめ込み誤差もなく、天板の浮きも無いし、かっちりと取り付けられて良い感じです。

Macを持ち歩きたい人には是非

小さくなったMacBook Pro、どこにでも持って行きたくなるところ、メタルボディとはいえ、やっぱり傷は怖いです。このMaxKuのケースは、非常にフィッティング良好でオススメ度の高いケースです。難点は、Macらしさが無くなって、「どや」度が下がること、ですかね。

ジェル塗装で滑りにくいため、落としにくいし、あと、Macのメタルボディのヒヤッとした触感が人にもオススメです。二次的な効果として、Macのよく滑るゴム足が改善されます(苦笑)。まぁこのケースのゴム足も、そこまで滑らない訳では無いですが、本体のものよりは滑りにくいです。

値段も悪くないので、MacBook Proのお供にどうぞ。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ