しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iPhone 7 Plusにお気に入りケース「spigen ネオ・ハイブリッド」を装備した

time 2016/09/29

iPhone 7 Plusが届いたので、早速ケース装着。もちろんケースは迷うことなく「spigen ネオ・ハイブリッド」です。かろうじてガンメタルだけ在庫があったので速攻発注。早速、届いたばかりのiPhone 7 Plusに付けてみました。

iPhone 7 Plusのレビューはこちら。

iPhone 7 Plusレビュー。発売後1週間で到着、ファーストインプレッション。

もう、iPhoneのケースで私は悩まない。spigen ネオ・ハイブリッドを使ってしまったら、戻れません。

th_img_1060

iPhone7 Plus ケース ネオ・ハイブリッドはTPUソフトケースとハードフレームの二重構造で保護力に優れ、現代的直線美と耐衝撃性を兼ね備えたケースです』とは、メーカーの売り文句ですが、この機能性と美しさは他に類を見ない素晴らしさがあります。一昨年のデザイン変更でフレーム強度も増して、現状最高のiPhoneケースじゃないかと思っています。

という訳で、付けてみました。

th_img_1052

まずケース外観ですが、iPhone 6 Plusのケースとの違いとして、やはりカメラ回りのホールが大きくなっている点があります。加えて、カメラを保護するために、ホール周辺がちょっと盛り上がっていて、要するに背面がフラットではなくなっています。iPhone 6 Plusだと、ケースの厚みだけで保護しきれてたんですがね。iPhone 7 Plusの複眼カメラの大きさはケースデザインにも少なからぬ影響を与えているようで。

背面の滑り止めデザインも変わっており、今回はよりザラッとした手触りになっています。iPhone 6 Plus用のネオ・ハイブリッドは、もうちょっとエンボスが浅めで、たしかに若干滑る感じはあったんですが、iPhone 7 Plus用は手触りも随分変わって、より滑りにくくなったのかな、と感じます。

そして、最大の変更点・・・。ボタンがメタルじゃなくなった。一瞬、え?ってなったんですが、普通に、ソフトケース側のボタンが飛び出しているデザインになっていて、これによって、ケース脱着がちょっと難しくなっています。

th_img_1057

あのメタルボタンは結構も使用感も好きだったんですがねぇ。コストカットなのか、故障が多かったのか、事情は分かりませんが、ちょっと残念な感じ。これマイナーチェンジでメタルボタンになったら買い替えたいレベル。

ボタン形状が変わったことで、取り付け・取り外し手順も変わっています。取り付ける時、iPhone 6 Plus版では、下側から入れて、上側を最後にはめる感じだったのが、ボタンがある上側から入れないといけなくなりました(ボタンをホールに通すのが最優先ってことです)。もちろん、取り外す時は逆の順番になります。確かに、ヘッドフォンジャックが無くなって、ホディ下側の形状がシンプルになったので、下側の脱着も多少楽にはなっているのですが・・・。なんか惜しいですね。

でもまぁ、付けてみると、やっぱり美しいです。

th_img_1054

きちんと液晶面よりゴム製のフレームが前に出ていて、画面表面を下にして置いても画面が直接擦れるようなことはありません。

th_img_1053

カメラ回り、ホールがやっぱりデカいなぁ・・・。フィッティングは全然悪くないし、持った感じも全然悪くないんですが、これだけ穴が大きいと、カメラ本体の傷がやっぱり気になるところで・・・カメラ保護フィルムとか、無いのかな、と物色しています。

ゴム製になったボタン部も、まぁ確かに、そんなに操作感に違和感もないので、機能性は問題無いと思います。ただ、やっぱりメタルボタンがかっこいいかなぁ、と思っちゃいますが。

総じて、やっぱりiPhone 7 Plusでもケースはspigen ネオ・ハイブリッドで決まり!ってのは揺るぎないです。機能性とデザインの高さは最高です。確かに、かなりボディでかくなっちゃうんですがね。落として壊れてしまったら意味がありませんからね。機能性もデザインも、どちらも妥協したくない人にオススメの一品です。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ