しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

iPhone 6 Plusの保護フィルムを張り替えた

time 2016/01/25

iPhone 6 plusの保護フィルムが一部剥がれてしまったりしていたので、思い切って張り替えました。

iPhone 6 plusって、俺史上最高に保護フィルム貼りが難しい端末だと思っています。何しろ表面がラウンドしているため、基本、平らな面に貼らなければいけない保護フィルムが、確実に、平らな範囲に収まっているかを確認しながら、非常にシビアな位置決めが必要になる。

そしてちょっとでもズレると、端から剥がれてきます。普通の、画面が平面のケータイ・スマホであれば、ちょっとズレても、ああ、ずれたな、くらいで済むのですが、iPhone 6の場合、曲面部分にかかってしまうと、そこから簡単に剥がれてきます。要するに、浮くんです。

製品によっては、保護範囲を「妥協することで」(※狭く取ることで)、平面部分から外れないようにしているものもあります。ただ、そうすると、液晶画面の左右がカバーしきれていなかったり、ボタン周りの保護が甘かったりと、別の弊害が出てきます。カッコ悪い。

当然、「攻めてる」(※保護範囲をギリギリまで広げている)保護フィルムを使いたいわけですが、そうすると、貼り付け難易度も上がってくると・・・。そういえば曲面フィルムもありましたが、あまり良い思い出がありませんので割愛します。

・・・何が言いたいかと言うと・・・張り替えも面倒くさいんです。

なのでしばらくほっぽってあったのですが、一念発起して張り替えました。

 

今回も、AFPです。もうこれ意外使いたくない。少なくともiPhone 6 plusでは、これしか現実的にまともに貼れる自信が無いです。

なぜこれが良いかって、剥離シートが裂けるんです。横に、裂けるんです。これがどう重要かというと、要するに、部分的に貼り付けて固定して、位置を確認・微調整しながら貼り進めることができると。

なんでそんなことが必要になるかというと、iPhone 6の、特にスペースグレイは、ですが、液晶画面が見えにくくて、左右の感覚が取りづらい。そうすると、位置の基準は、上部のスピーカーと下部のホームボタン周りでバランスするしかなくなるんですが、これがなかなか位置のバランスが取りづらいんです。上端と下端ですからね。

これがバシッと位置が決まると気持ちいいんですがね・・・凄く疲れるんです。

良く、フィルム貼り付けの動画で、上から合わせて〜とか、ありますが、あんなのでまともに位置が決まるわけがないです(きっぱり)。

 

まぁ、このiPhoneの形状には、サイドからスワイプというアクションを広めたかったであろうAppleの意思が感じられるんですが、実際のところ、Androidスマホでは狭ベゼル化が進行して、このアクションがますますやりにくくなりつつあり、Galaxy Edgeに至っては「どこが端だか分からない」状態だし、あまりこのアクションは流行らない方向なのかなぁ、と感じてます。是非、iPhone 7は平面でお願いしたい。強く思います。

あと、保護フィルムのほうにも、位置決め、貼り付けを補助するツールを付けるとか、工夫してほしいなぁと常々思っています。AFPの裂ける剥離シートは傑作ですが、位置決めという意味ではもうちょっと工夫が欲しいところです。例えばですが、スピーカー部に棒を立てて位置を決めてしまうようなフィルム貼り付け機構があったら欲しい。マジで。誰か作って。

そんなわけで、今回も張り替えは大変でした。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ