しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

Lightningケーブルが不調なのでUSB変換アダプタを購入しました

time 2015/09/27

どうにもLightningケーブルが不調なので、いろいろ悩んだ挙句、USB変換アダプタを追加購入しました。Apple純正ケーブルってやっぱり耐久性が無いような。

最近、気が付くとiPhoneが充電できていないことが発生していました。どうにも、Lightning端子部分が接触不良らしく、ふにふにと押し込むと充電できたりできなかったりします。

th_2015-09-27 05.40.42

で、良く見てみたら、左から4番目の端子部分のメッキが剥がれていました。どうやらこれが原因で、接触不良になっていたらしい。

Lightningケーブルは今まで純正品しか使っていませんでしたが、どうにもApple純正ケーブルは耐久性が弱いというか、裂けたりメッキ剥がれたり、なんだか壊れます。ケーブルが壊れるって、あまり無いような気がするんですが、Lightningケーブルではこれが起こるんですねー。

じゃぁ新調しましょうか、となる訳ですが、店頭で見ても、なんていうか、「耐久性」「タフネス」を売りにしたケーブルが思いのほか多い。いやまぁ気になってるからかもしれませんが、それにしても、これだけ多く「耐久性」「タフネス」って言ってるってことは、それだけケーブルのトラブルって多いってことですかね。やっぱり。

個人的には、Ankerのケーブルはちょっと欲しいな、と思った。

で、ちょっと悩んで、結局、USB変換アダプタにしました。

確かに、耐久性を売りにしたLightningケーブルでも買ってしまえば問題は解決するんですが、結局、Lightningケーブルそのものが他のデバイスと使い回しの効くものではないというところに行き着いてしまいます。一方で、USBケーブルも多数持っているんですが、こちらは断線とか接続不良とか、あまりトラブルに当たったことが無いのも事実です。だったら、USBケーブルを有効利用できて、かつ、もし耐久性が必要になれば、耐久性の高いUSBケーブルを持って来るほうが効率的だよなぁ、という結論に至り、ここはUSB変換アダプタで、となりました。

つか多分、iPhoneも近い将来、USB3になっちゃうでしょうしね。

th_2015-09-27 05.35.46

ラスタバナナです。特に拘りは無く、それなりに安すぎず、メーカーとしても名が知れていて、問題無いだろう、と。ラスタバナナについては、前科があるのですが、今回は流石に大丈夫でしょう、と、楽観的に。

既に1個、Apple純正の変換アダプタは持っているので、比較してみると、やはりサイズが違います。ラスタバナナはでかい。あと、USBのマークの刻印がApple純正品にはありますが、ラスタバナナ版には無いです。USB側の表裏の表示の意味かなとも思いますが、特に気になるものでもないかなと。あと、USB端子側の作りがちょっと違っていて、Apple純正品は、micro USBの、中心の端子部分だけがある感じで、本体がそのままインターフェースボディを形成しているのに対して、ラスタバナナ版は、普通の見慣れたmicro USB端子(金属の口金)がプラスチックのボディに埋め込まれているのが見えます。これはこれでアリかなと思いました。

th_2015-09-27 05.39.11

まぁどちらも普段使いで困るレベルの大きさではないので、良いかなと。値段は半額とは言いませんが、かなり安めだったし。

早速使ってみた感想ですが・・・普通に使えてます(笑)。充電速度も問題無いし、同期なども普通にいけます。まぁ当たり前といえば当たり前ですが。Lightning端子・ケーブルも出たてのころはいろいろありましたけど、流石にもう大丈夫ですね。

ある程度、使ってみないと、耐久性とかは分からないですが、まずは、満足。最大にして唯一のデメリットは、見た目。このスタイルが気にならなければ、やっぱりUSB変換アダプタが便利だと思います。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ