しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

SRS-X33レビュー。ポータブルスピーカーを衝動買い。

time 2015/04/13

久しぶりの、買っちゃいました、です。突然ですが、ポータブルスピーカー買いました。SONY SRS-X33。小さいけど、いい音しますね。

実は我が家にはスピーカーが無かったんです。以前はミニコンポをミキサーに繋いだりしていたんですが、これが壊れてしまい、今は基本、テレビもPCも内蔵スピーカーしかありません。ヘッドフォンはありますが、私の周りでオープンに音楽を聞ける環境って、実は車の中しか無かった。そもそも、作業用PCはノートPCだし、Macの内蔵スピーカーはそれほど悪い音でも無いので、あまり困っては無かったんです。

ただ、Bluetoothのポータブルスピーカーには興味があって、なんか一つ欲しいなぁとは思っていました。そして今日、衝動買いしてしまいました。SRS-X33。

選択基準は、まぁSONYだから・・・というのは、多少あります。BluetoothレシーバーにNW-M505を使っているということもあり、ここはやはりSONYかな、と。当然ながら、このカテゴリでは、BoseのSoundLink miniは外せないのですが、あえて2番人気辺りのX33にしてみました。とは言え、基本的にはネットでの評判などで選んでいます。

店頭で見てみた印象としては、X33もX55も十分小さくて、これならX55でも良いかな、と、一瞬思いました。ただ、縦に長いので、ちょっと置き場所に困るかな、と。X33は横長で背も低いので、テレビの前などに置いても邪魔になりませんが、X55の高さだと、何かの前に置くというのが、若干やりにくい気がしました。あとはバッテリーの持ち時間がX33のほうが長い。これが決め手です。

th_2015-04-12 21.54.50

大きさとしては、ペットボトルを横にしたくらい。重さは700グラムなので、結構ずっしりと来ます。ただ、スピーカーは重さも重要なので、これはそういうものかな、と。

充電はUSBでできます。これは意外にポイントです。ACアダプタや専用台で充電するのものもありますが、USBならどこででも充電できるし、場合によってはモバイルバッテリーや車内での充電も出来ます。とにかく、自由度が高いのが魅力。

ある程度充電したところで、電源ON。起動音がして、ペアリングが可能になります。ペアリングはX33本体のペアリングボタンを押して、デバイス側から接続をかけることで、一発で繋がります。今のところ、iPhoneとMacで接続していますが、特に問題は出ていません。

早速、使ってみます。まずはiPhoneで音楽を再生。低音の効いたしっかりとした音質で、良い感じです。そのままゲームなどやってみましたが、BGMの迫力も良い感じです。低音を強調しすぎ、という評価もありますが、このサイズで音に存在感を出す意味では、これくらいのバランスは悪くないと思いますね。

続いて、Macに繋いでみます。こちらも、普通に繋がりました。が、こちらはコーデックがSBCで繋がってしまうため、若干音質的に不利です。MacのiTunesと、iPhoneで同じ曲を再生してみましたが、やはり音質の違いが分かります。ただ、低品質なSBC接続にありがちなシャリシャリ聞こえるようなことはなく、音の表情に違和感を感じる程度。Mac側で見たところでは、bitrateは325kbpsになっていますので、決して悪い音質ではなく、実用的なところだとは思いますが、ちょっと残念です。

確認のしようはありませんが、おそらく、iPhoneとX33はAACで繋がってるんだと思います。ちなみに、NW-M505はaptXに対応しているため、MacからはaptXで、iPhoneからはAACで繋がっているはず。MacとX33がAACで繋がってくれないのは非常に残念なところですが、いざとなればミニプラグの入力もあるので、Macは物理接続でも良いかな、と思っています。bluetooth関連の対応は、スマホ等のモバイルデバイスのほうが進んでいますので、さもありなん、と。

とりあえず、今日は繋いでみたところまで、ですが・・・反省点。やっぱりaptX対応が良かったかなぁという感じ。実はNW-M505はaptXに拘って選んでたんですがね。Bluetoothはコーデックが難しすぎる。ただ、iPhone向けのスピーカーとしては、比較的ベストバイかなと。

ポータブルスピーカーも進化してるなぁ、というのが印象的な逸品です。自宅音楽環境が改善されて嬉しい。やっぱスピーカーは重要ですな。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ