しま★りん.blog @ayurina

そこはかとない日常を綴るブログ

IT産業は「ゼネコン」なのかも

time 2014/06/21

ヤフーを射止めた西武・赤プリ再開発の遠望(東洋経済オンライン) – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス.

なるほど、もはやIT企業は「ゼネコン」なのかもしれない。

大きな企業のシステム刷新等のプロジェクトが請負会社の経営に影響を与えるなんてことは最近良く見るけど、コレに限らず、システムの保守や運用などで連携が強いベンダーというのは結構居る(そしてそれは「ベンダー依存だ」と非難されるんだけどね)。

ヤフーの件はグループ・関連会社の話だけど、こうして見ると、この構図って、自動車工場とかゼネコンとか、そういうのに似た構造というか、そのものだよなぁと思った。

良し悪しはとにかくとして、ITサービスが大型化し、それを実現するシステムや処理するデータが大きくなれば、そこにはインフラとしての構築・運転を行う体制が必然的に発生してくるということ。考えてみれば当たり前のことなんだけど、ちょっと気づかなかったなぁと感じた。

一方で、IT技術ってのはスピード命だとか、技術革新だとかいうワードが飛び交う世界なわけで、なんとも言えないこの違和感がたまらない気がした。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

アーカイブ